ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 教育 > 小学校・中学校 > 教育委員会 > 厚田区の学校整備の具体策について

厚田区の学校整備の具体策について

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年7月6日更新

厚田区の学校整備の具体策について

 石狩市教育委員会では、平成27年11月に取りまとめた「学校整備の具体策(案)~厚田区、本町・八幡地区~」について、両地区の保護者・地域等への説明会で寄せられた意見、要望等を十分踏まえ、「厚田区の学校整備の具体策」を次のとおり定めました。

◆ 厚田区の学校整備の具体策について

   平成28年6月30日に開催した、平成28年度石狩市教育委員会会議6月定例会において、次のとおり議決されました。

                                   記

1  厚田区の3小学校(厚田小学校、望来小学校、聚富小学校)及び2中学校(厚田中学校、聚富中学校)を統合し、

  (仮称)厚田小中学校を新設し、小中一貫教育を導入する。

2  新設校の位置は、現在の厚田中学校とする。

3  新設校は、平成32年度に開校する。

4  上記1の統合に際し、聚富小中学校(併置校)の児童生徒の通学先の取扱いについて、次のとおり定める。

   (1) 「厚田区虹が原」の児童生徒の通学指定校を「現・八幡小学校」及び「石狩中学校」とする。

   (2) 「厚田区聚富」の児童生徒には、保護者の申立てにより、上記2校への通学を認める。

   (3) 市教委は、八幡小学校、石狩中学校、及び新設校へのスクールバスを運行する。