ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

はまなすの丘公園

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年12月28日更新

はまなすの丘公園

はまなすの丘公園、石狩灯台、ヴィジターセンター
ハマナス木道

日本海と石狩川の交わりに形成された1,500メートルにおよぶ砂しに広がる「はまなすの丘公園」。
約46ヘクタールの公園には180種に及ぶ海浜植物が自生し、このうち16.5ヘクタールは石狩市海浜植物保護地区に指定されています。
ハマナスが咲き乱れる季節は6月下旬から7月上旬にかけてですが、春から秋にかけてイソスミレ、ハマエンドウ、ハマヒルガオ、エゾスカシユリ、コガネギクなど多くの花を見ることができます。
都会の喧騒を忘れて、石狩浜の潮騒と心地よい風を感じながら「花散策」をお楽しみください。
ハマナスの開花情報は、一般社団法人 石狩観光協会のホームページをご覧ください。


  • 石狩灯台
  • ヴィジターセンター
  • 石狩灯台

    石狩灯台の写真

    1892年(明治25)の開設以来、100年以上の歴史を誇る石狩のシンボル。
    はまなすの丘公園の入口に建っているのは、この辺りが河口近くであった証でもあり、川の流れと海の波によって100年間で徐々に広大な砂しが形成されたことを考えると、感慨深いものがあります。
    灯台はかつて白と黒の縞模様でしたが、1957年(昭和32)に松竹映画「喜びも悲しみも幾年月」の撮影の舞台となり、カラーのはしりの作品だったため、色彩効果を出すために赤白模様に塗り替えられました。
    花開く初夏の景観はもちろん、折々に移り変わる季節の表情が美しい。

    はまなすの丘公園ヴィジターセンター

    ハマナス外観
    内観ハマナスソフト
    石狩の特産品やハマナスの関連商品などのお土産などが販売されています。ハマナスソフトクリーム(300円)は、ほんのりピンク色でバラ科特有の香りがあるオリジナル商品です。 2階のテラスからは石狩湾と石狩川を一望できます。
    所在地
    石狩市浜町29-1
    営業期間
    4月29日から11月3日まで(期間中無休)
    営業時間
    9時から18時まで(※9月1日から11月3日は17時まで)
    駐車場
    30台/入場無料
    アクセス
    自家用車:JR札幌駅から約23キロ、約40分
    公共交通機関:中央バス札幌ターミナルから「石狩線」乗車(約60分)、終点「石狩」下車後徒歩約20分
    問合せ
    Tel:0133-62-3450