ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

資料館・博物館・美術館

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年3月30日更新

川の博物館

川の博物館川の博物館内

石狩市新港南地区の石狩川沿いにある見る・触れる・遊ぶといった体験を通して、生活に身近な「川」について楽しく学べる博物館です。
※見学には、事前に予約が必要です。見学される際は、問合せ先にご連絡ください。

いしかり砂丘の風資料館

いしかり砂丘の風資料館いしかり砂丘の資料館内

石狩市本町地区にある石狩川河口地域の自然と歴史、縄文時代の砂丘の人々についての展示をしている資料館です。

尚古社

尚古社尚古社(内観)

石狩市本町地区にある道内の代表的俳句結社「尚古社」にちなんだ資料、書画を展示した私設資料館です。

夕日の美術館

夕日の美術館夕日の美術館の館内

石狩市厚田区にある海を望む建物に北海道にゆかりのある方々の美術作品を展示している美術館です。

はまます郷土資料館(石狩市指定文化財 / 旧白鳥家番屋)

はまます郷土資料館はまます郷土資料館内

石狩市浜益区にある元白鳥家が経営していた鰊建網漁場の番屋を復元し、当時鰊漁に使われた漁具をはじめとする、先人の知恵や技術を伝える数々の資料を保存、展示している資料館です。

施設情報施設情報の紹介

施設情報 川の博物館

見る・触れる・遊ぶといった体験を通して、生活に身近な「川」について楽しく学べます。
フロアーいっぱいに広がった面白い映像やゲーム、大迫力のパネルで発見と感動に出会ってください。
館内からは北海道遺産に指定されている石狩川の雄大な風景も楽しめます。
※見学には、事前に予約が必要です。見学される際は、問合せ先にご連絡ください。

所在地石狩市新港南1丁目28-24
アクセス車/Car 札樽自動車道「札幌北IC」から国道231号線を留萌方面へ、約15km(約30分)
バス/Bus 中央バス「札幌ターミナル」から(石狩線、札厚線)乗車、「6線」下車、徒歩10分(約50分)
本町地区周辺へのアクセス ※路線料金表、時刻表へのリンクがご覧いただけます。
開館期間5月から11月まで 10時から15時まで
休館日土曜日、日曜日、祝祭日
入館料無料
問合せTel:011-581-3207(札幌河川事務所)
ホームページ川の博物館のホームページへのリンク(別ウィンドウで表示)

このページのトップへ

施設情報 いしかり砂丘の風資料館

石狩が日本で初めて缶詰製造工場ができた場所であることにちなんで、手動のマシーンでオリジナルの缶詰づくり体験ができます。
本資料館に隣接の市指定文化財「旧長野商店」は、明治時代に建築され、市内に現存する木骨石造建築としては最古のもので、往時の石狩町の繁栄を現代に伝えます。

所在地 石狩市弁天町30-4
アクセス 車/Car 札樽自動車道「札幌北IC」から国道231号線を留萌方面へ、道道小樽石狩線を左折し約3km(約40分)
バス/Bus 中央バス「札幌ターミナル」から「石狩線」乗車、「石狩温泉前」下車(約65分)
本町地区へのアクセス
開館時間 9時30分から17時まで
休館日火曜日、年末年始(火曜日が祝日の場合はその翌日)
入館料300円(中学生以下無料)、団体(15人以上)240円
問合せ Tel・Fax:0133-62-3711
ホームページいしかり砂丘の風資料館のページへのリンク (別ウィンドウで表示)

このページのトップへ

施設情報尚古社

鮭漁に沸いた明治から昭和の初期にかけて繁盛した中島呉服店。
当時の社主らは1856年に俳句結社「石狩尚古社」を結成して全国各地と交流するとともに、
中島家に多くの俳句資料と収集した書画などを残しました。
4代目にあたる中島勝久さんが、蔵に眠っていた膨大な資料を整理し、私費を投じて作った資料館がこの「尚古社」です。
かつての石狩の文化的なレベルの高さを伝えます。
※ 私設資料館なので来場者があるときのみ開館します。事前に電話でご確認ください。

所在地 石狩市本町3番地
アクセス 車/Car 札樽自動車道「札幌北IC」から国道231号線を留萌方面へ、道道小樽石狩線を左折し約3km(約40分)
バス/Bus 中央バス「札幌ターミナル」から「石狩線」乗車、終点「石狩」下車(約65分)
本町地区へのアクセス
開館時間 10時から17時まで
休館日不定休
入館料無料
問合せ Tel:0133-62-3380(中島勝久氏)

このページのトップへ

施設情報 夕日の美術館

3階建ての海を望む静かな館内には、北海道にゆかりのある方々お作品がところせましと飾られています。
時間を忘れて、じっくりと心ゆくまで堪能できます。

所在地石狩市厚田区望来389-268
アクセス車/Car 札樽自動車道「札幌北IC」から国道231号線を留萌方面へ、約30km。正利冠川(まさりかっぷがわ)の手前を左折(約50分)
バス/Bus 中央バス「札幌ターミナル」から「札厚線」乗車、「望来坂下」下車、徒歩15分(約95分)
厚田区(厚田支所周辺)へのアクセス
開館期間5月から10月までの土日祝日
13時から日没まで
入館料300円(中学生以下無料)
問合せTel:0133-77-2210
ホームページ北海道画廊「夕日の美術館」のページへのリンク (別ウィンドウで表示)

このページのトップへ

施設情報 はまます郷土資料館(石狩市指定文化財 / 旧白鳥家番屋)

所在地石狩市浜益区浜益77番地1
アクセス車/Car 札樽自動車道「札幌北IC」から国道231号線を留萌方面へ、約70km(約90分)
浜益区(浜益支所周辺)へのアクセス
開館期間5月1日から10月31日まで
10時から16時まで
休館日火曜日(火曜日が祝日の場合はその翌日)
入館料300円(中学生以下無料)、団体(15人以上)240円
問合せTel:0133-79-2402
※期間外は、Tel:0133-79-2114(浜益生涯学習課)
ホームページはまます郷土資料館のページへのリンク (別ウィンドウで表示)