ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

濃昼山道(ごきびるさんどう)

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年6月29日更新
濃昼山道濃昼山道マップ

濃昼山道は、1857年(安政4年)に幕府の命を受けた厚田場所請負人・濱屋与三右衛門が自費で完成させた、厚田区安瀬から濃昼までを結ぶ長さ11kmにおよぶ山道です。完成後は庄内藩による北方警備の要路、さらには地域住民の生活道路として100年以上にわたり利用されていました。しかし、1971年に国道231号が開設して以降は通行者が途絶え「忘れられた道」となっていました。現在は、海を望みながらのトレッキングやトレイルランニングが楽しめます。

所在地
石狩市厚田区厚田濃昼
問合せ
北海道森林管理局 石狩森林管理署
Tel: 011-563-6111
濃昼山道(ごきびるさんどう)パンフレット(表面) [PDFファイル/1.68MB]
濃昼山道(ごきびるさんどう)パンフレット(裏面) [PDFファイル/1.21MB]

イベント

Gokibiru Trail 30K

Gokibiru Torail 30K
晩秋漂う濃昼山道(ごきびるさんどう)の土を踏みしめながら、トレイルランニングの魅力と大自然の素晴らしさを再発見ができるイベントレース。
日程
平成27年10月18日(日曜日)
問合せ
北海道トレイルランニングクラブ
Tel: 080-8289-7513
メール:info@hokkaidotrailrunningclub.com

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)