ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 土地・住宅 > 住宅・建築 > (定住・移住ページ)いしかり暮らしの情報 > (定住・移住ページ) 【受付終了】空き家活用助成のご案内
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > ライフステージ > 引越し・住まい > (定住・移住ページ)いしかり暮らしの情報 > (定住・移住ページ) 【受付終了】空き家活用助成のご案内
ホーム > 分類でさがす > 観光情報 > 泊まる・くつろぐ > 移住 > (定住・移住ページ)いしかり暮らしの情報 > (定住・移住ページ) 【受付終了】空き家活用助成のご案内
ホーム > 分類でさがす > 市政情報 > 市政運営・行政改革 > 計画・施策 > (定住・移住ページ)いしかり暮らしの情報 > (定住・移住ページ) 【受付終了】空き家活用助成のご案内

トップ

子育て

学校

公園

住宅地

住まい助成

バス

病院

仕事

自然

観光

相談窓口

石狩市紹介

トップ写真


(定住・移住ページ) 【受付終了】空き家活用助成のご案内

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年9月15日更新

※ 平成29年度の石狩市空き家活用助成は、予算額に達したため、受付を終了いたしました。

 

 

石狩市空き家活用助成の目的(移住・定住促進事業)

この制度は、市内の空き家の解消を通じ、地域コミュニティや地域経済の活性化を図るため、空き家の購入費用やリフォーム費用の一部を助成するものです。また、子育て世帯や市外から転入される市内就業者の場合には、さらに助成金を加算することにより、現役世代の移住定住を促進するものです。

※助成制度の内容は以下のとおりとなりますが、細かな条件などもございますので、売買契約を締結される前にご相談ください。

 

助成対象となる空き家の要件

次の要件のいずれにも該当する住宅が対象となります。

1 外観調査により居住実態等がないことが認められた市内の住宅であること。

2 居住部分の床面積が50平方メートル以上で居住実績のある住宅であること。

3 空き家の敷地が国道、道道、市道に接していること。

4 都市計画法その他関係法令の規定に適合していること。

 

定住支援の内容

市内の空き家を購入し、定住される個人へ助成いたします。

対象者の要件

次の各号に掲げる要件のいずれにも該当する個人が対象となります。

1 助成金の交付決定日以降に空き家の購入に係る売買契約を締結すること。

2 購入する空き家の登記簿上の所有者となること。

3 購入する空き家の住所に3年以上居住すること。

4 市税の滞納がないこと。

5 暴力団員ではないこと。

 

助成額

最大で100万円を助成します。

● 空き家購入助成 1件につき25万円を助成

※建物の価格が税抜き25万円以上の空き家を購入した場合に対象となります。

● リフォーム加算 1件につき25万円を加算

※市内の建設事業者、工務店等による改修・改築等(税抜き25万円以上の場合に限る)を行う場合に対象となります。

● 子育て世帯加算 25万円を加算

※18歳以下の子(平成11年4月2日以降に生まれた方)と同居される場合に対象となります。

● 市内就業転入者加算 25万円を加算

※同一世帯内に、市外から転入される方で、かつ市内の事業所に勤務している方がいる場合に対象となります。

 

地域コミュニティ支援の内容

市内の空き家を購入または賃借し、地域交流の場の設置やコミュニティビジネスなど、地域の活性化が期待できる事業を始める団体などへ助成いたします。

対象者の要件

次の各号に掲げる要件のいずれにも該当する法人や地縁団体、個人などが対象となります。

1 助成金の交付決定日以降に空き家の購入に係る売買契約または賃貸借契約を締結すること。

2 購入・賃借する空き家の登記簿上の所有者または賃貸借契約上の借主となること。

3 購入・賃借する空き家において、地域の活性化が期待できる事業を3年以上行うこと。

4 市税の滞納がないこと。

5 申請者や申請団体の構成員が暴力団員ではないこと。

 

助成額

最大で50万円を助成します。

● 空き家購入助成 1件につき25万円を助成

※建物の価格が税抜き25万円以上の空き家を購入した場合に対象となります。

● リフォーム助成 1件につき25万円を助成

※市内の建設事業者、工務店等による改修・改築等(税抜き25万円以上の場合に限る)を行う場合に対象となります。

 

申請の流れ

1 助成金の交付申請(申請者)

※ ローン審査手続き後など空き家の購入または賃借の見通しが立った時点で申請してください。

【申請前に売買契約や賃貸借契約を締結されますと助成対象外となりますので、ご注意ください】

2 助成金の交付決定(市)

※交付申請から交付決定までの処理期間(市)は1週間程度になります。

3 空き家の売買または賃貸借契約締結(申請者)

4 リフォーム工事の実施(申請者)

5 市への実績報告(申請者)

6 助成額の確定(市)

7 助成金の請求(申請者)

8 助成金の交付・口座振込(市)

※実績報告から助成金振込みまでの処理期間(市)は1ケ月程度になります。

※年度内に売買・賃貸借契約、リフォーム工事を行っていただく必要がございます。

 

提出いただく書類

● 交付申請時には次の書類をご提出ください。

1 石狩市空き家活用助成金交付申請書(第1号様式)(定住支援を受けられる場合) [Wordファイル/17KB]

  石狩市空き家活用助成金交付申請書(第3号様式)(地域コミュニティ支援を受けられる場合) [Wordファイル/17KB]

2 空き家の位置図及び配置図

3 空き家の写真

4 申請者の住民票(抄本)(現居住地のもの)または法人の履歴事項全部証明書など

5 空き家において行う事業の計画書(地域コミュニティ支援を受けられる場合)

6 誓約書兼同意書(第2号様式)(定住支援を受けられる場合) [Wordファイル/40KB]

  誓約書兼同意書(第4号様式)(地域コミュニティ支援を受けられる場合) [Wordファイル/40KB]

7 その他市長が必要と認める書類

 

● 実績報告時には次の書類をご提出ください。

1 石狩市空き家活用助成金実績報告書(第8号様式) [Wordファイル/17KB]

2 購入した空き家に居住後の申請者の住民票(抄本)(定住支援を受けられる場合)

3 事業を開始したことが確認できる書類(地域コミュニティ支援を受けられる場合)

4 売買契約書の写し

5 賃貸借契約書の写し(地域コミュニティ支援を受けられる場合で空き家を賃貸される場合)

6 所有者事項証明書(空き家を購入された場合)

7 改修・改築等の費用と工事内容が分かる領収書及び内訳書の写し

8 その他市長が必要と認める書類

 

助成制度Q&A

Q 既に空き家を購入(売買契約を締結)した場合は助成を受けられますか?

A 交付決定後に購入(売買契約を締結)をするものが対象になりますので対象外になります。

 

Q 賃貸物件を借りる場合は助成を受けられますか?

A 定住支援は購入した方への助成になりますので、賃貸物件を借りる場合は対象外になります。なお、地域コミュニティ支援は賃貸物件を借りる場合でもリフォーム助成が対象となります。

 

Q 土地を借りて、空き家(建物)だけを購入する場合は対象になりますか?

A 対象になります。

 

Q 個人売買は対象になりますか?

A 対象になります。

 

Q 別荘として使用する場合でも助成は受けられますか?

A 3年以上居住していただくことが条件になりますので、別荘のように季節的に使用する場合は対象外となります。

 

Q 未入居の新築物件は対象になりますか?

A 前入居者が転居され、空いている住宅を対象にしているため、未入居の新築物件は対象外になります。

 

Q 空き店舗を買う場合は対象になりますか?

A 住宅(空き家)を対象にしていますので空き店舗の購入は対象外になります。なお、住宅(空き家)を買ってコミュニティビジネス等を行う場合は対象になる場合があります。

 

Q 25万円の空き家購入費に上乗せされる、改修費用の25万円の助成を受けた場合は、他のリフォーム補助制度は活用できますか?

A 他の制度を活用する場合は、その補助等の対象となるリフォーム等工事費から本助成の対象となる工事費25万円分を控除する必要があります。詳細は、他のリフォーム補助制度の窓口にお問い合わせください。

※他の制度の一例 すまい給付金(国土交通省すまい給付金事務局)、石狩市木造住宅耐震改修費等補助事業(石狩市建設水道部建築住宅課)、石狩市消融雪機器設置費無利子貸付(石狩市建設水道部建設総務課)など。

 

Q リフォーム(税抜き25万円以上)をする場合の市内事業者の本店・支店等には、営業所も入りますか?

A 営業所や出張所など名称にかかわらず、市内事業者であれば対象となります。

 

Q 25万円以上の改修費用についてはどのような内容でもいいですか?

A 空き家の購入に併せて行う、市内事業者を活用した、空き家の敷地内において行われる工事やその工事と一体となって行われる工事が対象となります(暖房ボイラー設置や、車庫、塀、舗装、融雪槽などの外構工事も含まれます)。

※家具やカーテンなど対象にならないものもございますので、工事を行う前にご相談ください。

 

Q 改修、改築等に建替えや増築は含みますか?

A 空き家を購入後に建替える場合や増築する場合は対象になります。

 

Q 18歳以下の孫と同居しますが、子育て世帯加算は対象になりますか?

A 対象になります。

 

Q 出産予定がありますが、子育て世帯加算は対象になりますか?

A 母子手帳などにより出産予定であることが確認できる場合は、対象になります。

 

Q 同居する妻が市内の事業所でパート勤めをしていますが、市内就業転入者加算は対象になりますか?

A 市内(銭函4・5丁目を含む)にお勤めの奥様が転入される場合は対象になります。

 

Q 自宅として購入する空き家で事業を始める予定ですが、市内就業転入者加算は対象になりますか?

A 事業を始められる方が転入される場合には、対象になります。

 

Q 地域コミュニティ支援とは、NPO法人だけが対象ですか?

A NPO法人および一般法人または地方自治法により認可された地縁団体や個人も対象となります。

 

Q 申し込みが多い場合は抽選になりますか?

A 予算の範囲内で、交付申請の先着順に決定をします。

 

Q 交付申請の受け付けの締め切りはいつになりますか?

A 助成額が予算額に達した時点までとなります。

 

Q 交付決定時に25万円で申請していたものを、途中から50万円に増額はできますか?

A 交付決定額が上限となりますので、途中からの増額はできません。

 

Q 交付決定時の申請者が、実績報告時に他の者に変更になった場合にも助成されますか?

A 当初の交付申請を取り下げていただき、あらためて交付申請をしていただく必要があります。

 

Q 交付決定時の空き家が、実績報告時に別の空き家に変更になった場合にも助成されますか?

A 当初の交付申請を取り下げていただき、あらためて交付申請をしていただく必要があります。

 

Q 「都市計画法その他関係法令の規定に適合していること」とはどういう場合ですか?

A 市街化調整区域内の空き家に、権利のない方が住む場合などは、適合しないケースとなります。また、構造上の問題等では、付属車庫が地域に応じた外壁後退距離の規制を満たしていない場合や落雪により周辺への危害の恐れのある場合などが該当しますが、実績報告書提出までに是正されることを誓約いただくことで、助成の対象となる場合があります。

 

Q 助成金の交付を受けた場合、所得税法上、どのような手続きが必要となりますか?
 
A この助成金は所得税法上、一時所得として手続きが必要な場合がございます。詳しくは税務署へお問合せください。

 

Q 空き家を購入(税抜き25万円以上)したいのですが、空き家情報は公表していますか?

A 石狩市内空き家情報をホームページ上で公表しておりますが、件数は多くありませんので、宅建協会や不動産仲介企業などへお問い合わせいただくことをお勧めします。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)