ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

石狩市リサイクルプラザの施設の概要

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年3月17日更新

リサイクルプラザ施設概要

 リサイクルプラザは、市民がリサイクルについて学び、環境問題に関して関心を高めるための場である『リサイクル工房』と、資源物の再資源化を行う『リサイクルプラント』に分かれます。

 

リサイクル工房とは

 市民が物の大切さやリサイクルについて学び、環境問題に対して、関心を高めるための環境学習と情報提供の場です。

 工房内部には、事務所、研修室、工房、展示室、計量室があります。研修室では、リサイクル講座や、研修を行います。工房では、廃棄する食用油や木材などを浸かって、石けん作りや木工作などのリサイクルを行います。また、家庭で使われなくなった木製家具などを清掃し、リサイクル品抽選会を開きます。展示室では、抽選販売をするリサイクル品を展示しています。計量室では、搬入される、びん・缶・ペットボトルの資源物を計量します。

 

リサイクル工房
リサイクル工房リサイクル工房

■施設の概要

  • 名称 石狩市リサイクル工房
  • 建築面積 571.38平方メートル
  • 建築延面積 557.85平方メートル
  • 建築構造 木造
  • 建屋階数 平屋
  • 竣工 平成12年2月

リサイクルプラントとは

  石狩市内から集められた、びん・缶・ペットボトルを異物などを取り除いて分別し、再資源化するために圧縮、梱包しています。

 ◆びん・缶・ペットボトルの流れ

  1. 石狩市内から集められてきた、びん・缶・ペットボトル(以下資源物)は、リサイクル工房の計量室で重さを測ったあと、リサイクルプラントの貯留ヤードに一時保管します。
  2. ビニール袋に入った資源物は、受入ホッパに入れられ、受入コンベヤで、リサイクルプラントの2階に運ばれます。
  3. 破袋・除袋設備で、ビニール袋詰めされた資源物の袋を破り、資源物と内容物に分別します。
  4. 磁選機の永久磁石により、スチール缶を選別します。
  5. 手作業で、まずPETボトルを分別し、その後に、びんを色別に分別します。
  6. アルミ選別機で永久磁石を高速回転し、磁界を発生させ、それを利用してアルミ缶を選別します。
  7. PETボトル圧縮機で、PETボトルを圧縮し、梱包します。
  8. 金属圧縮機で、スチール缶とアルミ缶をそれぞれ圧縮します。
  9. 集じん機で、選別するときに発生する粉じんを取り除きます。
  10. 防臭装置で臭気の発生する場所に防臭剤を送り噴霧します。

リサイクルプラント

リサイクルプラント

 

リサイクルプラント

■施設の概要

  • 名称 石狩市リサイクルプラント
  • 所在地 石狩市新港南1丁目22番地63
  • 敷地面積 5,600平方メートル
  • 建築面積 682平方メートル
  • 建築延面積 1,044.29平方メートル
  • 建築構造 鉄骨造
  • 建屋階数 地上2階
  • 処理能力 7.5t/5h
  • 竣工 平成12年2月
  • 事業費 487,200,000円

■設備の概要

  • 受入ホッパ 1基
  • 受入コンベヤ 1基
  • 破袋・除袋設備 1基
  • 手選別装置 1基
  • 磁選機 1基
  • アルミ選別機 1基
  • PETボトル圧縮機 1基
  • プラスチック圧縮機 1基
  • 金属圧縮機 1基
  • 集じん機 1基
  • 防臭装置 1基