ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

ごみ・資源物のゆくえ

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年7月31日更新


ごみ・資源物のゆくえ

 石狩市の「燃やせるごみ」「燃やせないごみ」「燃えないごみ」「粗大ごみ」は、厚田区にある、北石狩衛生センターで処理しています。
 平成12年度から、びん・缶・ペットボトルは「資源物」として石狩市リサイクルプラザでリサイクル処理を行っています。
 また、平成15年度からは、廃蛍光管や水銀使用体温計などは、別収集を行い留辺蘂にある民間のリサイクル施設へ引渡しています。

ごみの処理工程

ごみの処理工程

資源物の処理工程

資源物の処理工程3
資源物の処理工程1資源物の処理工程2資源物の処理工程4資源物の処理工程5
 びん、ペットボトルは(財)日本容器包装リサイクル協会へ引き渡され、リサイクル製品に生まれ変わります。詳細は下記にてご確認ください。