ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

ルッツ

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年7月31日更新


ルッツ

ルッツの写真

日本海側の地域の浜で、秋から冬にかけて海がしけた後に獲ることができる「ルッツ」。浜益の家庭では、刺身や炒め物などにして食べられているのですが、ほかの市町村では、あまり食べられることのない海の幸です。みなさんはルッツの正体をご存じですか?

めったに食べられない幻の逸品“ルッツ”

ルッツは、ゴカイやミミズの仲間で、正式名称を「ユムシ」といいます。アイヌ語の「ルッチ(ミミズに似るという意味)」が変化して、「ルッツ」と呼ばれるようになりました。普段は、浅い海の砂や泥の下に穴を掘って住んでいますが、海がしけた後、浜にうちあげられます。ミミズの仲間、と聞くと、ちょっと食べるのをためらってしまいそうですが、食べるチャンスがあれば、ぜひお試し下さい。磯の味がして、貝のような歯ごたえがあって、酒の肴にぴったりですよ。