ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織・課名でさがす > 秘書広報課 > 市長の部屋/市長からのメッセージ(平成27年2月9日)

市長の部屋/市長からのメッセージ(平成27年2月9日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年2月9日更新

市長の部屋/市長からのメッセージ(平成27年2月9日)

市長の部屋(平成27年2月9日)

◯市内団体、町内会、新港関係などとの新年会も1月一杯でほぼ終えました。どこでも排雪対策のご要望をいただきましたが、前年の倍以上の降雪とダンプカーの不足、財源確保など、まさに三重苦の状況にあります。予算確保の要請のため、副市長と手分けして当たっています。東京では雪について実感が湧かないのか、予算措置の膨らまない現実にぶち当たっています。

◯在京の内航・外航船会社を訪問し、定期船の誘致や、物流のモーダルシフト議論の再燃環境、石狩湾新港背後圏の貨物動向などについて、お話をさせていただきました。北海道の将来が見えづらいことや、石狩のみでのライナーの可能性など、幾つかの具体的課題について質問を受けました。今後に期待し得る要素は十分あるとともに、厳しい現実もあることを再認識したところです。

◯地方創生にかかる各省庁への提案のなかで、国土交通省より、道の駅事業にかかる事業化について発表されました。これまで厚田区民の方々や有識者と、地域振興について協議を重ねており、先日、国の重点「道の駅」に選定されました。今月26日には、国土交通省主催による選定証授与式・交流会が開催され、出席して参ります。これにより具体的な検討がさらに進むものと考えています。

◯先日石狩で、ニシンによる「群来(くき)」が確認されました。1月から現在までの漁は好調です。今後の漁にも期待したいです。

にしん

石狩市長 田岡 克介