ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織・課名でさがす > 秘書広報課 > 市長の部屋/市長からのメッセージ(平成27年9月10日)

市長の部屋/市長からのメッセージ(平成27年9月10日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年9月10日更新

市長の部屋/市長からのメッセージ(平成27年9月10日)

市長の部屋(平成27年9月10日)

◯秋めいてまいりました。週末は行事が目白押しでした。9月5日・6日に開催された第15回石狩市民スポーツまつりには、12回連続で増田 明美さんとご主人のお二人にご参加いただき、市民ランナーと一緒に街中を駆け抜けていました。まるで過ぎゆく季節を惜しむかのように精一杯頑張る大勢のランナーに向けて、大きな声援を送っていました。小・中学校駅伝、小学校低学年のリレー、市内企業の団体参加のスポーツレクリエーションなど、心から元気な石狩を実感し、共有させていただきました。とても気持ちのいい一日でした。約800名のボランティアの皆さん、ありがとうございます。

◯石狩翔陽高等学校ボランティア局の生徒達が、今月22日、鳥取県で開かれる第2回全国高校生手話パフォーマンス甲子園への出場報告に、市役所を訪問してくださいました。以前お会いした時をはるかにしのぐ生き生きした表情に出会い、大変成長した印象を受けました。おそらく生徒の皆さんは、手話やボランティア活動を通して何かをつかむことができたからではないでしょうか。全国大会で思い切り手話言語をアピールしてください。

◯開拓時代、石狩川の洪水で人命や財産、育てた畑の収穫物など一瞬にして失う悲劇が繰り返され、治水事業の着工が急務であったことは言うまでもないと思います。現在の茨戸川堤防の上に、明治43年に工事が始められた起終点標のモニュメントが大正5年に建てられた標を遺(のこ)しています。船山馨作「石狩平野」を思い出しながら、しばし堤防を歩いてみました。この日は夏を思わせるような暑さでした。

◯穫秋を迎え、例年通り田んぼと畑を見てきました。素人の私でも分かるほど稲穂は美しく揃い、豊饒の時を迎えそうです。特に、厚田区発足地区は盆地のためか色づきも濃く、程なく刈り取りを始めるとのこと。清流と小砂利の上の田んぼ、とにかくおいしいです。帰り道、枯れた蕎麦畑を眺めながら、新そばを思いゴクリ。

◯平成27年第3回市議会定例会が開会しております。一般質問は9月14日・15日となっています。おそらく安保関連法、地方創生、マイナンバー社会保障・税番号制度など、大切な案件についての質疑が予想されます。市長としての考えを求められることになりますので、真摯に考えを述べたいと思います。

石狩市長 田岡 克介