ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織・課名でさがす > 秘書広報課 > 市長の部屋/市長からのメッセージ(平成28年4月4日)

市長の部屋/市長からのメッセージ(平成28年4月4日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年4月4日更新

市長の部屋/市長からのメッセージ(平成28年4月4日)

市長の部屋(平成28年4月4日)

◯4月1日、市職員として将来を担う新人職員が13名入庁しました。採用年齢枠が広いこともあって、すでに第一線で活躍した雰囲気を持ったいわゆる即戦力組から、高校を卒業して不安と期待の入り交じった表情で緊張した新社会人まで、それぞれ多様な面持ちが見受けられました。春は去る人、来る人、年中行事とはいえ、私にとっては今なお感情をコントロールすることができません。未熟の一言であります。

◯今週から新人職員へシャワーのように情報が降り注いでくると思います。整理しきれないほどですが、基本は石狩の地名を頭に入れることが何よりも先です。と同時に配置先で必要となる専門的能力を磨くことだと思います。もとより一人でも多くの市民とのふれあいは言うまでもないことです。

◯衆議院北海道第5区選出議員補欠選挙の告示日が近づいてきました。夏の参議院選挙より広まっていないのか、ほとんど話題になっていないような気がします。これから日一日ごとにムードは高まると思います。最近の低投票率は何かの意志なのかもしれません。今は大きな潮流にもまれている時代、次の姿をつくるためにも大切な一票となります。まずは投票することを願います。

◯日曜日、市内でのプライベートな夜、例によってノンアルコールでも多少酔い気味でした。突然「厚田にとってこれほど大きなプロジェクトは後にも先にも無いと思う。それなのに何もわからない、市長はどうしようと言うんだ。俺たちには話してくれないのか」と詰め寄られました。これで3回目、おそらく期待が大きいことと、実際何が進んでいるか、自分たちは何をしたらよいかわからない、その心の底に鬱積したものを吐き出したのだと思います。近く、厚田複合施設・道の駅プロジェクトの現在の状況についての地区説明会の開催を地域協議会の場で検討していただくことにします。

◯電力の小売自由化で200社を超える新たな小売電気事業者が登録され、新時代を迎えました。送電配線が200本増えたわけでもなく、既存の電線は北電のみ。この不思議な仕組みに困惑しているのが実態ではないでしょうか。それぞれ特徴がありますので、契約の切り替えには調べて納得することが肝心です。要注意はダイレクトメールです。新手の詐欺の可能性が無いとはいえません。


石狩市長 田岡 克介