ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織・課名でさがす > 秘書広報課 > 市長の部屋/市長からのメッセージ(平成29年3月21日)

市長の部屋/市長からのメッセージ(平成29年3月21日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年3月21日更新

市長の部屋/市長からのメッセージ(平成29年3月21日)

市長の部屋(平成29年3月21日)

◯市議会定例会の予算特別委員会も、予備日を含め本日と明日2日間の日程となりました。議会最終日は24日です。最終日は除排雪費等の執行残を含めた財源をもって補正予算を提案する予定でいます。

◯今議会冒頭の代表質問質疑において、私、答弁内容を覆すなど陳謝と答弁の訂正を行うといった失態を犯し、議会・市民の皆さまに大変ご迷惑をおかけしたことを深くおわびいたします。今後はさらに法解釈等一層の精査を重ね、過ちのないようにいたします。

◯この連休は春のような陽気でした。3月20日の茨戸水再生プラザの積雪深は26cm(平年59cm)、降雪のシーズンを無事終えました。お疲れさまでした。

◯連休中、滋賀県大津市で開催された県ろうあ協会主催の手話言語フォーラムin滋賀に、パネリストとして参加してきました。「手話は言語」なぜ言語かといったことを、またまたお話させていただきました。

◯障害者差別解消法を補完する中、あるいは手話コミュニケーションの必要性からの手話、憲法・民法からの手話の位置づけ、それぞれ考え方はいろいろありますが、「手話は言語である」と皆さんおっしゃってくださいました。

◯ニシンの季節は終盤に入ってきたようで、漁獲量も下がり、魚体も小さくなりました。同級生にニシンを送ろうと思っていましたが、昨日断られました。先々週の金曜日、港のいたる所で群来てタモですくっていた人もいたそうです。浜益は魚体が小さいので、網入れをあえて止め、大きくなるまで育てようとのこと。ニシンが復活した背景には、漁師の考え方も変わってきたことがあったのですね。

石狩市長 田岡 克介