ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織・課名でさがす > 秘書広報課 > 市長の部屋/市長からのメッセージ(平成29年8月4日)

市長の部屋/市長からのメッセージ(平成29年8月4日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年8月4日更新

市長の部屋/市長からのメッセージ(平成29年8月4日)

市長の部屋(平成29年8月4日)

◯早くもナナカマドの葉に秋の彩りを見つけ、暑い毎日ではありますが、8月の入りを感じております。

◯イベントがめじろ押しの7・8・9月です。中でも来週末に開催されるライジングサンロックフェスティバルin EZOの会場づくりも大詰めを迎えております。続いて開かれる石狩まるごとフェスタは、昨年より花火の数も多いとのこと。町内会、商店街では毎週末どこかでお祭りを開催しているようです。

◯明日8月5日の「浜益みなと祭り」は人口減・高齢化の進む中で、若手漁師をはじめ地域の思いを表現する熱いお祭りです。翌6日には、厚田でも農業・漁業の青年が手を組み「あつた夏祭り」を開催します。一人でも多くの方々にご参加いただくことこそが、地域にとって最高にうれしいことだと思います。小さな漁師まちの味は、そこに行かないと味わえないものです。ぜひお越しください。

◯総合教育会議での議論は深刻な議題ばかり、直ちに答えの見つけづらい総合的かつ複雑な要素を持つ問題でもあります。いじめ、小中一貫校、子どもの居場所などなど、具体的な対策の中で、発展的に対応策を図っていかねば手をこまねくばかりになります。今年度新たに打った事業も成長過程にあるとは思いますが、すでに評価をいただける点も多々あり、関係者のモチベーションは高まっています。こども食堂へもう一度行きたいとの声が大きいのは、単においしいだけではないと思います。

◯内閣改造人事も一段落して、夏休みに入る日程となります。その一方で国の概算要求は最終段階を迎えています。来週から波状的に東京への要請活動が組まれています。石狩に限られた財源提案力が判断されるのも事実です。

◯国の法案の中で石狩は何ができるか、市職員らは血眼になって探し、プランづくりに精を出しています。おそらく今年の暑い夏は将来の思い出となるでしょう。がんばろう。

石狩市長 田岡 克介