ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織・課名でさがす > 秘書広報課 > 市長の部屋/市長からのメッセージ(平成30年1月5日)

市長の部屋/市長からのメッセージ(平成30年1月5日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年1月5日更新

市長の部屋/市長からのメッセージ(平成30年1月5日)

市長の部屋(平成30年1月5日)

◯明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

◯穏やかな正月を迎えることができました。昨年は浜益区の大雨被害など多難な年でもありましたが、大自然の猛威に果敢に立ち向かうための減災対応を、より強固なものにしなければと思います。

◯そのためには、日常生活へのリスク意識を高め、訓練情報を共有化することはとても大切なことと思います。市としても新しい組織の発足や防災計画の見直しと対策の具体化を進めてまいります。この1年が平穏であることを心より祈らずにはいられません。

◯昨日、市内各団体との連合による恒例の新年会を開催し、約550人のご参加のもと、新年のごあいさつをさせていただきました。

◯現在は驚くべき市民力によって市勢が発展しているものと認識しています。地方そのもののプライドをかけた個性ある地域づくりとして、石狩の産財・資源をより磨く時、観光産業と石狩湾新港の二本立てを明言させていただきました。

◯お正月のテレビ番組は、明治150年、開道150年の節目の年なのでしょうか。幕末の歴史ドラマなど一橋大納言と西郷さんとの駆け引き、歴史の事実はさらに深まりつつあり、時に現在と照らし合わせながら思いにのめり込んでしまいました。政治家の遠くを見つめる心と現実としてのリアリティのある政策、あらためて肝に銘じながら、眠りの中で耳音だけが静かに聞こえる昼時分でした。

◯本年も石狩づくり、子どもたちのためにも伝えたくなるような、誇りある子育て・子育ちを皆さんとともに頑張りたいと思います。この1年が健やかなことを願います。

石狩市長 田岡 克介