ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織・課名でさがす > 秘書広報課 > 市長の部屋/市長からのメッセージ(平成30年1月23日)

市長の部屋/市長からのメッセージ(平成30年1月23日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年1月23日更新

市長の部屋/市長からのメッセージ(平成30年1月23日)

市長の部屋(平成30年1月23日)

◯まもなく1月も終わりです。正月以降大きな低気圧の来襲はあったものの、比較的穏やかな天気となっています。排雪作業も順調に進み始めました。平成30年1月22日現在、茨戸水再生プラザの累計降雪量は289cm、積雪深は55cm、厚田区の累計降雪量は386cm、積雪深は88cm、浜益区の累計降雪量は373cm、積雪深は61cmとなっております。

◯市新年交礼会、成人式、町内会・企業・団体の新年会など今月はたくさんの方とお会いする機会が続いておりますが、景気の上向き傾向もあるのか、どの会場も多くの笑顔をお見受けしました。成人式は全国的に騒がれた事件の影響もなかったのでしょう。晴れ着姿にあふれ、騒々しい雰囲気はまったくなく、大人への式として思い出に残ることと思います。

◯来年度予算のとりまとめも最終調整に入っており、ほぼ今年度並みの予算規模となりそうです。(1)厚田・浜益区の地域振興、(2)少子・高齢・人口対策、(3)未来への投資、(4)健やかな子どもの成長政策、(5)地元産財の付加価値化の増強を中核としながら、防災・福祉・教育施設などおおむね50の新規事業を組み込んだ予算原案となります。新規事業が多いのも特徴の一つです。

◯オリンピック・パラリンピックイヤーとして報道も次第に熱が入ってきました。教育委員会表彰のスポーツ功績賞は若い中高生たちがほとんど。次の東京を見据えたスポーツ人口の拡大が進んでいるように思います。石狩市でも出場を目指し頑張っている地元の小・中・高・大学生たちにエールを送りたいです。石狩からも東京オリパラのスターが出ることを楽しみに・・・

◯市民カレッジの新年会、今年はスタートして10年目の記念事業を行う予定とのこと。年間講座数を見ると驚くばかり。活躍のほどを学長としても少し胸を張りたいところです。ここで得た知識を、例えば、まちのガイド役としてさらに行動が拡大することを期待しております。すでにガイド養成講座を開いており、教えたり教わったり、「道の駅」の開業で観光客も増えると思います。最大のおもてなしはガイドさんの知識です。重要な役割だと思っています。

◯ニシン漁が始まり、第一次群は40cmに近い大型も混じり、脂がのってとてもおいしいです。冷凍技術も進んで刺身や押し寿司などの商品としても次第に広がり始めております。「道の駅」で提供する開発中のニシンそばに期待してください。十割そばとのことです。

石狩市長 田岡 克介