ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織・課名でさがす > 秘書広報課 > 市長の部屋/市長からのメッセージ(平成30年6月11日)

市長の部屋/市長からのメッセージ(平成30年6月11日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年6月11日更新

市長の部屋/市長からのメッセージ(平成30年6月11日)

市長の部屋(平成30年6月11日)

先週末は久しぶりの雨天でした。気温も上がったせいでしょうか、新緑も濃さを増し「動」の季節となりました。海岸防風林もセミが鳴き出し自然の騒々しさが戻ってきました。

道の駅石狩「あいろーど厚田」はおかげさまで引き続き盛況です。「せっかく来たのに多くの商品が品切れ!」とお叱りを頂いております。関係者において対策を進めています。海水浴場のオープンも近づいてきました。あいろーど沿いは山も川も皆さまのご来訪を心よりお待ちしています。

5月末の住民登録人口は58,355人で前年比-384人(うち外国人-7人)。前月比においても-40人(うち外国人-6人)、-27世帯(うち外国人-16世帯)となっています。

テレビ番組によると働き手の不足分を高齢者と外国人によってしのいでいるとのこと。ことに3Kに集中する仕事が多いようです。国際的にも日本の雇用環境は評価を落としているとのこと。本市の数字はその反映だとしたら、1次産業の働き手を一層失いかねない深刻な状況となる可能性を直視する必要があると思っています。

札幌で会社経営をされている石塚代志美氏のコレクションの中の1点、竹久夢二画「寝たかねなんだか」を石狩市で展示されました。夢二の美人画を十分に堪能できる、2人の少女が描かれた、大判の作品です。今回は警備の都合もあり、市民図書館内で6月10日(日)の1日限りとなりましたが、楽しんで頂けたでしょうか。

市の職員から、市長に読んでほしいと届けられたのが「優れたリーダーはみな小心者である。」荒川詔四著(ダイヤモンド社)と、「衰退の法則」小城武彦著(東洋経済新報社)の二冊でした。今風に言うなら私にツキササったのは一言に「小心な楽観主義者」こそが最強のリーダーである。もうひとつの本からは破産企業には共通のメカニズムがあるとのこと。「このメカニズムは駆動していても「平時」には気づかないが、ひとたび「有事」に著しく困難にさせる」。市長は職員の支えがあって仕事をしているのだとあらためて気づかされる思いです。私は「案ずるより産むがやすし」で日々を重ねてきたつもりです。「嘘さえなければ解決し難いものはない」と思っています。

石狩市長 田岡 克介