ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織・課名でさがす > 秘書広報課 > 市長の部屋/市長からのメッセージ(令和元年11月6日) 

市長の部屋/市長からのメッセージ(令和元年11月6日) 

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年11月6日更新

市長の部屋/市長からのメッセージ(令和元年11月6日)

市長の部屋(令和元年11月6日)

◯先週、政策予算ヒアリングがあり、市長就任後初の通年予算となる令和2年度予算の議論が始まりました。

◯予算編成方針において、石狩の未来を担う子ども施策の展開、災害に強いまちづくりなど8項目を重点施策と位置づけ、未来につなぐまちづくりを推進したいと思っています。

◯各部の事業要望を聞きますと、あれもこれもすべての事業を実施したいと思いますが、現時点においても、10億円以上財源が不足しており、悩ましいです。
補助メニューの活用など、財源確保に貪欲にならなければ、不足分は解消できません。

◯地方債(借金)に依存しすぎると、将来、公債費(借金返済)が増嵩し、必要な事業ができなくなる恐れもあり、財政規律の順守に努めなければなりません。

◯地方財政対策については、政府において本格的な議論が始まり、12月下旬には決定されます。歳入の太宗を占める地方交付税の動向が気になります。
総務省の概算要求では、地方交付税は前年対比4.0%増ですが、今後の国税の動向等を踏まえた財務省と総務省の折衝を注視します。

 

石狩市長 加藤 龍幸