ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > ライフステージ > 老後・介護 > 今年(平成29年度)も高齢者の季節性インフルエンザ予防接種を実施します
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 福祉 > 高齢者 > 今年(平成29年度)も高齢者の季節性インフルエンザ予防接種を実施します
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 医療 > 検診・予防接種 > 今年(平成29年度)も高齢者の季節性インフルエンザ予防接種を実施します

今年(平成29年度)も高齢者の季節性インフルエンザ予防接種を実施します

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年9月29日更新

 

  季節性インフルエンザのウイルスには、A(H1N1)亜型(平成21 年に流行した新型インフルエンザと同じ亜型)、A(H3N2)
 亜型(いわゆる香港型と同じ亜型)、2系統のB 型の4つの種類があり、いずれも流行の可能性があります。流行しやすい
 年齢層はウイルスの型によって多少異なりますが、今年も、すべての年齢の方がインフルエンザに注意しましょう。

  インフルエンザ(総合ページ) 厚生労働省HPリンク

 

高齢者インフルエンザ予防接種のお知らせ(更新日:平成29年9月29日)

 予防接種法に基づき、高齢者インフルエンザ予防接種を下記のとおり実施します。接種を希望される方は、直接委託医療機関へ予約のうえ、接種を受けてください。


■予防接種の効果■  
 インフルエンザ予防接種は、高齢者の発症及び重症化防止に有効であることが確認されています。 予防接種を受けてからインフルエンザに対する抵抗力がつくまでに2週間程度かかり、その効果が十分に持続する期間は約5か月間とされています。より効果的に有効性を高めるためには、毎年インフルエンザが流行する前の12月中旬までに接種を受けておくことが必要です。

■対象者■
 1.石狩市に住民登録のある65歳以上の方
 2.石狩市に住民登録のある60歳以上65歳未満で、心臓、腎臓若しくは呼吸器の機能、または、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害を有する方。(身体障害1級程度の方)

■接種期間■
 平成29年10月1日から平成30年1月31日まで

■接種回数■
 1回(公費負担により接種できるのは1回までです。)

■接種場所■
 次の市内委託医療機関(事前に電話等で予約してください)

医療機関名電話医療機関名電話
茨戸病院74-3011はまなす医院64-6622
花川病院73-5311いしかり脳神経外科クリニック71-2333
石狩病院74-8611わがつま小児科73-8282
石狩幸惺会病院71-2855みやのした小児科クリニック74-0415
鎌田内科クリニック74-7121土井耳鼻咽喉科医院74-5888
福島医院74-3221石狩湾耳鼻科75-1187
立石クリニック72-4711石狩中央整形外科75-7755
石狩すずらん内科73-7776青木クリニック76-6250
みき内科クリニック75-2525あつた中央クリニック(厚田区)78-2116
佐々木整形外科医院73-1233浜益国保診療所(浜益区)79-3221


■接種費用■
 自己負担額 1,000円 (委託医療機関窓口で支払いをお願いします。)

■費用免除者■
 上記対象者の生活保護受給者
 (生活保護世帯の方は無料となります。接種前に市役所福祉総務課若しくは各支所生活保護担当で手続きを行い、「生活保護受給証明書」の交付を受け、医療機関にお持ち願います。)

■医療機関にお持ちする物■
 1.65歳以上の方
  ア 住所、年齢、氏名が確認できるもの(健康保険証等)
 2.60歳以上65歳未満で、心臓、腎臓若しくは呼吸器の機能、または、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に障がいを有する方
  ア 住所、年齢、氏名が確認できるもの(健康保険証等)
  イ 身体障害者手帳など

■接種にあたっての注意事項■
 1.明らかに発熱がある人(一般的に、37.5℃以上の場合を指します。)
 2.重篤な急性疾患にかかっている人
 3.インフルエンザ予防接種に含まれる成分によって、アナフィラキシーショックを起こしたことがあることが明らかな人(アナフィラキシーショックとは通常接種後約30分以内に起こるひどいアレルギー反応のことです。)
 4.その他、医師が不適当と判断した人 
 5.認知症などがあり、家族や職員などが丁寧に説明しても、予防接種の効果・副反応・健康被害救済制度などについて理解できない場合や接種希望の意思が確認できない場合は、予防接種法による接種はできません(任意接種となり全額自己負担となります)。



■予防接種を受けた後の一般的な注意事項■
 1.予防接種を受けた後30分間は、急な副反応が起こることがあります。医師(医療機関)とすぐに連絡を取れるようにしておきましょう。
 2.インフルエンザワクチンの副反応の多くは24時間以内に出現しますので、特にこの間は体調に注意しましょう。
 3.入浴は差し支えありませんが、注射した部位を強くこすることはやめましょう。
 4.接種当日はいつも通りの生活をしてもかまいませんが、激しい運動や大量の飲酒は避けましょう。

委託医療機関以外の医療機関で接種される方へ

 市外の医療機関や施設等に長期入院・入所していて、市内の委託医療機関で接種できない方については、委託医療機関以外の医療機関でも接種が可能です。ただし、接種前に所定の手続きが必要となりますので、事前に下記お問い合わせ先までご連絡願います。

インフルエンザ予防接種依頼書発行申請書(市外医療機関・施設等ご担当者向)

 接種を希望する入院・入所の方に代わり、市外の医療機関及び施設等から事前の手続きを行う場合につきましては、以下の「インフルエンザ予防接種依頼書発行申請書」にて手続きをお願いします。

 ・インフルエンザ予防接種依頼書発行申請書様式 [PDFファイル/80KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)