ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織・課名でさがす > 情報政策課 > 口座振替における通帳への記載誤りについて

口座振替における通帳への記載誤りについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年2月16日更新

平成30年1月31日に口座振替を行った国民健康保険税等において、預金通帳の摘要欄に本来、科目名カナが入るところを、支店名カナが入る誤りが発生しました。

 

【影響範囲】

平成30年1月31日(水曜日)口座引き落とし分のみ

 

 (北洋銀行)

   市道民税             4件

   国民健康保険税    1,157件

   介護保険料         111件

   後期高齢者医療保険料  449件

            (合計  1,721件)

 

 (北海道銀行)

   市道民税             3件

   国民健康保険税      534件

   介護保険料          63件

            (合計    600件)

 

 (北海道信用金庫)

   市道民税             5件

   国民健康保険税      223件

   介護保険料          25件

            (合計    253件)

 

総合計 2,574件

 

原因は今回からのコンピュータによる処理方法の変更に伴い、市が作成した口座振替データの引落としの科目名がセットされる部分に支店名をセットしたことです。

引き落とし口座、金額について誤りはありません。

 

本件につきまして、関係する方々並びに市民の皆さんにご迷惑をお掛けし、深くお詫び申し上げます。

本市では、今回の事務ミスを重く受け止め、あらためて正確な事務処理を徹底し、再発防止に向けて万全を期してまいります。