ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織・課名でさがす > 環境保全課 > マクンベツ湿原の様子(平成19年の活動)

マクンベツ湿原の様子(平成19年の活動)

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年7月31日更新


通路(木道)沿いの植物

湿原の植物  湿原には、ミズバショウだけでなく、いろいろな植物があります。
 木道沿いに見える植物を一部ご紹介します。(写真提供:環境調査等活動員)

 カキツバタ (6月下旬撮影)

 キショウブ (6月下旬撮影)

 ノハラワスレナグサ (6月下旬撮影)

 オオマルバノホロシ (7月中旬撮影)

 ゴキヅル (7月中旬撮影)

 ミクリ (7月中旬撮影)

 エゾノレンリソウ (7月下旬撮影)

 エゾミソハギ (7月下旬撮影)

 キツリフネ (7月下旬撮影)

利用状況のモニタリング調査

木道の様子  4月21日から30日までの土曜・休日の5日間、環境活動員のみなさんと湿原の利用状況を調べました。内容は、聞き取りによるアンケートと来訪者数の調査、利用マナーの呼びかけです。連日、多くの人が湿原を訪れ、木道を利用してミズバショウを鑑賞していました。

アンケートと来訪者数の調査結果(PDF形式:9KB)

聞き取りによるアンケート 聞き取りによるアンケート


ボランティアごみ拾い

当日の様子  4月14日(土曜日)の午前10時から、観光協会主催により行政・企業・市民の協働で湿原の清掃を行いました。当日は小雪が舞うなど3月並の寒さでしたが、企業・団体・個人など総勢約80名が参加しました。

参加した企業・団体
石狩市環境審議会
石狩自然誌研究会
石狩市緑化推進協議会
株式会社石狩土木造園
石狩ホーストレック
札幌ベイゴルフ倶楽部
佐藤水産株式会社
新札幌建設株式会社
森林ボランティア「クマゲラ」
財団法人日本釣振興会北海道地区支部
ヤハタ工業株式会社
株式会社緑地建工

※参加者名簿から抜粋。なお、個人で参加された方のお名前は省略させていただきます。


清掃前の川岸 清掃前の川岸

清掃後の川岸 清掃後、きれいになった川岸

通路のごみ ポイ捨てではなく、上流から流れ着いたごみ

駐車場のごみ 駐車場のごみ

 約1時間半の間に、たくさんのごみが集まり、とてもきれいになりました。
 ボランティアに参加していただいた皆さん、ありがとうございました。

湿原では、マナーを守って散策しましょう。

ボランティアごみ拾い  参加者募集

 観光協会、行政、企業・市民ボランティア等の協働で、ミズバショウ開花前に清掃を行います。
 より多くの方に参加していただくため、当日の飛び入り参加を歓迎します。

  平成19年4月14日(土曜日)午前10時に公衆トイレ前駐車場へ集合

4月10日の様子 ※観光協会と、地域における社会奉仕活動として湿原の「ごみ拾い」に毎春取り組んでいる民間企業が、「観光地美化推進キャンペーン」として、今年度初めて共同で奉仕活動を行うものです。

マクンベツ湿原河川管理用通路の利用に関する意見交換会

意見交換会  観光・自然散策・観察会・写真撮影等の様々な目的で利用する方々の意見を広く聞き、湿原の保護と利用の両立のためのルールづくりに反映するため、利用者・地域住民に対し、市及び河川管理者による意見交換会を3月24日(土曜日)に開催しました。

当日の資料(PDF形式:189KB)

当日の概要(PDF形式:14KB)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)