ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

微小粒子状物質(PM2.5)について

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年7月31日更新

微小粒子状物質(PM2.5)について

PM2.5とは

微小粒子状物質(PM2.5)とは、大気中に浮遊している粒径が2.5μm(2.5mmの千分の1)以下の粒子状物質であり、大気汚染物質の一つです。非常に小さいため、肺の奥深くまで入りやすく、肺がん、呼吸器系や循環器系への影響が懸念されています。

PM2.5の環境基準について

環境基本法第16条第1項に基づく、人の健康を保護し生活環境を保全する上で維持されることが望ましい基準として、次のとおり環境基準が設定されています。(平成21年9月設定)

1年平均値が15μg/m3以下であり、かつ、1日平均値の年間98%値が35μg/m3以下

 ※1日平均値の年間98%値とは、1年間に得られた1日平均値を低い値から整理し、98%目に相当する値です。

PM2.5の測定について

北海道内では、現在14か所の大気測定局でPM2.5の測定が行われています。 PM2.5濃度の測定結果(速報値)については、北海道が取りまとめてホームページ上に掲載しておりますので、下記のリンクからご確認ください。


  • 「微小粒子状物質(PM2.5)について」(北海道のページにリンクします。)(別ウィンドウで表示)

    また、PM2.5に関する詳しい情報については、環境省のホームページに掲載されておりますので、あわせてご確認ください。
  • 「微小粒子状物質(PM2.5)に関する情報」(環境省のページにリンクします。)(別ウィンドウで表示)