ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

児童手当

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年6月12日更新

児童手当

児童手当制度の概要については、厚生労働省のHPをご覧ください。

支給対象児童

 0歳から中学校修了前までの児童(満15歳以降の最初の3月31日まで)

手当額

 <所得制限額未満の世帯>

  ●3歳未満、3歳から小学生(第3子以降)  月額15,000円
  ●3歳から小学生(第1子と第2子)、中学生 月額10,000円


 <所得制限額以上の世帯>
 
  ●特例給付             月額 5,000円
  ※所得制限額:960万円(夫婦・児童2人世帯)を基準に設定されています。

所得制限

扶養親族等の数所得制限限度額(万円)収入額の目安(万円)
児童手当所得制限表
0人622.0833.3
1人660.0875.6
2人698.0917.8
3人736.0960.0
4人774.01002.1
5人812.01042.1

※受給者が施設、里親の場合、所得制限は適用されません

※所得制限は所得の高い方が対象で、世帯の合算した所得ではありません

※所得とは、1年間(1月から12月)の収入額から、その収入を得るのに必要な経費を差し引いた額です(給与所得者であれば、源泉徴収票のなかの「給与所得控除後の金額」です)。

※児童手当施行令の一部改正に伴い、平成30年6月分の児童手当から、地方税法上の寡婦(夫)控除が適用されない未婚のひとり親家庭のうち、一定の要件に当てはまる方を対象に寡婦(夫)控除のみなし適用を実施します。なお婚姻歴がある人など、税法上の寡婦(夫)控除を受けられる方は、このみなし適用の対象となりません。この控除を受けるには申請が必要ですので、詳しくはお問合せください。なお、寡婦(夫)控除のみなし適用を行う前の所得が、所得制限限度額未満であることが明らかな場合など、みなし適用を行っても手当の支給額が変わらない場合があります。

手当支給月

 2月、6月、10月の10日に前月分までが指定された金融機関の口座に振り込まれます。
 ただし、支給日が土・日・祝日の場合は、その前日の金融機関営業日に振り込まれます。

児童手当申請の手続き方法

 下記の必要書類をお持ちになり、手続きをしてください。
 (児童手当認定請求書、児童手当額改定認定請求書等は窓口にてお渡ししています。)


 ●1人目の児童が生まれた場合

1.児童手当認定請求書 2.父母の健康保険証の写し 3.振込希望先金融機関の口座番号、支店名がわかるもの 4.印鑑

5.マイナンバー(個人番号)確認書類 [PDFファイル/37KB] 6.本人確認書類 [PDFファイル/67KB]

 

●2人目以降の児童が生まれた場合

1.児童手当額改定認定請求書 2.印鑑

 

 ●石狩市へ転入された方

1.児童手当認定請求書 2.世帯全員分の健康保険証の写し 3.振込希望先金融機関の口座番号、支店名がわかるもの 4.印鑑

5.マイナンバー(個人番号)確認書類 [PDFファイル/37KB] 6.本人確認書類 [PDFファイル/67KB]
  
※その他、児童と別居している等、状況により提出していただく書類がある場合があります。

※公務員の方は、勤務先での申請となります。

支給開始月

 児童手当の請求書を提出した月の翌月分から
 (出生等、やむを得ず翌月に提出されても、出生日・転入日から15日以内であれば出生月・転入月に提出があったものとみなします。) 

児童手当を受給している方で、次のような変更が生じた時には必ず届出をしてください

  • 市外に転出される場合(単身赴任等も含む)
  • 扶養する児童の数に変更がある場合
  • 金融機関や口座番号を変更する場合(受給者名義に限る)
  • 公務員になった場合
  • 児童の住所が変更になった場合

届出先

 石狩市役所1階の18番窓口子ども家庭課及び、各支所。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)