ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 医療 > 医療費助成 > 子ども医療費助成(通院医療費助成を小学6年生までに拡大します)
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 子ども > 手当・助成 > 子ども医療費助成(通院医療費助成を小学6年生までに拡大します)

子ども医療費助成(通院医療費助成を小学6年生までに拡大します)

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年2月14日更新

小学6年生までの通院医療費を助成します

令和2年4月から新たに小学6年生までの通院医療費が助成の対象となります。申請をいただいた対象となる新小学3年生から6年生までのお子さんには、3月末に新しい受給者証を送付いたします。

石狩市子ども医療費の改正について [PDFファイル/573KB]

給付の範囲

【改正前:令和2年3月31日受診分まで】

 

0歳から小学2年生

小学3年生から中学生

自己負担額

通院

初診時一部負担金のみ ※1

助成対象外

入院初診時一部負担金のみ ※1

入院される際に申請が必要(所得制限あり)

課税世帯は1割負担 ※2

非課税世帯は初診時一部負担金のみ ※1

訪問看護

療養費の1割(月額上限は課税世帯18,000円、非課税世帯8,000円)

療養費の1割(月額上限は課税世帯18,000円、非課税世帯8,000円)

 

【改正後:令和2年4月1日受診分から】

 

0歳から小学6年生

中学生

自己負担額

通院

初診時一部負担金のみ ※1

助成対象外

入院初診時一部負担金のみ ※1

入院される際に申請が必要(所得制限なし)

課税世帯は1割負担 ※2

非課税世帯は初診時一部負担金のみ ※1

訪問看護

療養費の1割(月額上限は課税世帯18,000円、非課税世帯8,000円)

療養費の1割(月額上限は課税世帯18,000円、非課税世帯8,000円)

※1 一部負担金:医科580円、歯科510円、柔道整復270円、はり・きゅう270円

※2 一医療機関に支払う一部負担限度額57,600円/月、多数該当(過去12か月に4回目以降)の場合44,400円

子ども医療費の助成

お子さんの保険内診療のうち、下記の自己負担限度額を超えた分を助成します。
保護者の方は、印鑑、お子さんの健康保険証、保護者の預金通帳、マイナンバー(個人番号)確認書類 [PDFファイル/40KB]本人確認書類 [PDFファイル/67KB]、所得課税証明書(1月1日現在、石狩市に住民登録のない方)等を持参し手続きをしてください。

認定こども園、保育所、幼稚園、学校等での怪我や病気は、日本スポーツ振興センターの「災害共済給付」制度の医療給付が優先されますので、子ども医療費受給者証は使用しないで下さい。万が一、子ども医療費受給者証を使用した場合は、後日、市に医療助成額分を返還していただきます。また、医療券(就学援助)を使用する場合も助成の対象外です。

給付の方法
  1.現物支給 
          道内の病院で診療を受けるときに、健康保険証と一緒に受給者証を提示してください。
          自己負担限度額を超えた分は、市役所から病院に支払います。
  2.償還払い 
          (イ)道外の病院等で診療を受けたとき
          (ロ)受給者証の交付を受ける前に病院の診療を受けたとき
          (ハ)治療用補装具を作ったとき(※3)
          健康保険証、受給者証、印鑑、領収書(※4)を市役所に持参し申請して下さい。
          自己負担限度額を超えた分は、口座振込でお返しします。
          ただし、医療を受けた日の属する月の月末から起算して2年を過ぎると時効により請求権利を失いますのでご注意ください。
          ※3 補装具を作ったときは上記のほかに医師の証明書、健康保険から支給された金額を証明したものが必要になります。
          ※4 医療機関等から受け取る領収書には次の用件を満たしてください。
          「受診者の氏名」、「金額(自己負担金分)」、「初診の有無」、「入院における表示」、「医療機関名」、「領収年月日」

問合せ
子ども家庭課 Tel:0133-72-3128
E-mail:k-katei@city.ishikari.hokkaido.jp
厚田支所市民福祉課 Tel:0133-78-2886
E-mail:a-shimin@city.ishikari.hokkaido.jp
浜益支所市民福祉課 Tel:0133-79-2112
E-mail:h-shimin@city.ishikari.hokkaido.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)