ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

長期優良住宅の認定

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年6月27日更新

 

 

 

 

 

 

長期優良住宅とは

長期優良住宅の普及の促進に関する法律(平成20年法律第87号)が、平成20年12月5日付で公布され、平成21年6月4日に施行されます。この法律は、長期にわたり良好な状態で使用できるような構造及び設備を有する住宅の建築及び維持保全に関する計画(長期優良住宅建築等計画)の認定制度が設けられ、所管行政庁の事務とすることが規定されています。
認定を受けた住宅については、認定長期優良住宅建築等計画に基づき、建築及び維持保全を行うこととなります。

 

 

 

 

所管行政庁・認定基準

建築基準法第6条第1項第4号の住宅については、石狩市が所管行政庁となり、石狩市建設水道部建設指導課で認定事務を行います。
上記以外の住宅は、北海道が所管行政庁になり、石狩市で受付した後、北海道石狩振興局にて認定事務を行います。

このページでは、石狩市が認定する場合の手続きについてお知らせしています。
基準等については、石狩市長期優良住宅建築等計画の認定等に関する要綱(PDF形式:15KB)第2条をご覧ください。

北海道が認定する場合は、「北海道のホームページ 長期優良住宅コーナー」をご覧ください。

その他、基準の詳細については、「国土交通省のホームページ 長期優良住宅の普及の促進に関する法律関連情報コーナー」でご確認ください。

 

 

 

 

 

 

 

認定申請の前に

1 認定申請にあたっては、事前に登録住宅性能評価機関が行う下記事項に該当する技術的審査を受けていただき、認定申請書に登録住宅性能評価機関が発行する適合証を添付していただきます。

・長期使用構造等(法第6条第1項第1号)
・住戸面積(法第6条第1項第2号)
・維持保全計画(法第6条第1項第4号イ及びロ、5号イ)
・資金計画(法第6条第1項第4号ハ、5号ロ)

登録住宅性能評価機関の情報は、(社)住宅性能評価・表示協会のホームページをご覧ください。

2 地区計画の区域内においては、あらかじめ石狩市建設水道部建設指導課へ地区計画の届出を済ませて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

認定手続き

提出図書
・認定申請書(長期優良住宅の普及の促進に関する法律施行規則 第1号様式) 正・副
・委任状(申請者が他者に委任する場合)
・適合証(原本、写し)
・長期優良住宅の普及の促進に関する法律施行規則第2条に定めている図書 各2部
・認定書等(住宅型式性能認定、型式住宅部分等製造者認証、特別評価方法認定)の写し 2部
・地区計画区域内については、地区計画の区域内における行為の届出書の写し 2部

石狩市長期優良住宅建築等計画の認定申請手続き(例)

工事完了報告書
・工事が完了したときは、速やかに工事完了報告書(要綱第4号様式)に、認定を受けた計画に従って建築工事が行われたことを建築士等が確認した書類(工事監理報告書(書式例はこちら)(WORD形式66KB) 等)を添付して提出してください。

 

 

 

 

 

様式・手数料

石狩市長期優良住宅建築等計画の認定等に関する要綱様式(WORD形式:76KB)
手数料につきましてはこちらの表(PDF形式:9KB)でご確認ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長期優良住宅化リフォーム推進事業

 国土交通省では、劣化対策や耐震性、省エネ対策など住宅の性能を一定の基準まで向上させる工事を行う既存住宅に対し費用の一部を補助します。 詳しくは「長期優良住宅化リフォーム推進事業事務局のホームページ」をご覧ください。

長期優良住宅(木造)補助実績中小工務店の検索サイトについて

一般社団法人木を活かす建築推進協議会では、消費者が長期優良住宅の建築を検討する際に参考にしていただくため、長期優良住宅(木造)補助実績中小工務店の検索サイトを開設しています。
この検索サイトでは、国土交通省の補助金を活用して長期優良住宅(木造)を建築した実績のある全国の中小工務店の情報を提供しています。詳しくは「地域型住宅グリーン化事業評価事務局のホームページ」をご覧ください。

 ・事務局ホームページへのリンク(別ウィンドウで表示)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)