ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織・課名でさがす > 建築住宅課 > 建築物の既設の塀の安全点検について

建築物の既設の塀の安全点検について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年8月22日更新

建築物の既設の塀(ブロック塀や組積造の塀)の安全点検について

 平成30年6月18日に大阪府北部で発生した地震により、ブロック塀が倒壊し、尊い命が犠牲となりました。

 過去の地震においても、ブロック塀の倒壊により多数の方が被害にあっています。

 

 ご自身の所有するブロック塀や組積造の塀については、建築基準法によりその構造が定められていますので、

次に示すチェックポイントを参考に自己点検を行い、適切な管理に努めてください。

なお、不適合があれば建築士などの専門家にご相談の上、改善等をお願いいたします。

 

ブロック塀のチェックポイント

 (1) 塀は高すぎないか

    ・塀の高さは地盤から2.2m以下か。

 (2) 塀の厚さは十分か

    ・塀の厚さは10cm以上か。

    (塀の高さが2m超2.2m以下の場合は15cm以上)

 (3) 控え壁はあるか

    ・塀の高さ1.2m超の場合は控え壁が必要。

 (4) 基礎があるか

    ・地中にコンクリートの基礎があるか。

 (5) 塀は健全か

    ・塀に傾きやひび割れはないか。

 

 ※詳しくは国土交通省HP建築物の既設の塀(ブロック塀や組積造の塀)の安全点検についてをご覧ください。