ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > まちづくり・コミュニティ > 協働・市民活動 > 上水道広域化施設整備事業の再評価について
ホーム > 分類でさがす > 市政情報 > 市政運営・行政改革 > 審議会 > 上水道広域化施設整備事業の再評価について

上水道広域化施設整備事業の再評価について

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年7月31日更新


市民参加手続のテーマ

市民参加手続のテーマ
上水道広域化施設整備事業の再評価について
問合せ
業務課Tel:0133-72-3224
E-Mail:gyoumu@city.ishikari.hokkaido.jp

水道事業運営委員会の開催状況


答申内容

平成19年12月18日開催の平成19年第7回水道事業運営委員会で結審し、同日、下記のとおり答申されました。

平成19年12月18日
石狩市長 田岡 克介 様

石狩市水道事業運営委員会
会長 余湖 典昭
上水道広域化施設整備事業の再評価について(答申)

 平成19年11月21日付け石業務第373号で諮問のあった下記案件について、審議の結果、妥当であると判断する。


  • 上水道広域化施設整備事業の再評価について

[意見]
 本委員会では、上水道広域化施設整備事業について、事業者が近年の社会経済情勢の変化を勘案し、再評価を行った結果について審議しました。
 その結果、定量的かつ論理的に給水人口と給水量を下方修正していることについて、将来のまちづくりを保障する水源確保と、健全なる水道事業経営という観点から、それらが適切なる目標値であると判断致しました。
 これらのことなどを踏まえ本委員会では、「事業計画の基本フレームなどの見直しは必要としつつも、引き続き本事業を継続して行う」との事業者による再評価結果が、妥当なものであるとの結論に達しました。
 今後は、今回の再評価結果を踏まえ、市民の安心と豊かな生活を次代へ持続的に継承する水道を目指し、引き続き、平成18年度に策定した石狩市水道ビジョンなどの考えを基本とする水道事業運営と、各種事業計画を適確に取り進めていくことを切望致します。

諮問事項

平成19年11月21日開催の平成19年第6回水道事業運営委員会で下記のとおり諮問する。

石業務第373号平成19年11月21日
石狩市水道事業運営委員会
会長 余湖 典昭 様

石狩市長 田岡 克介
上水道広域化施設整備事業の再評価について(諮問)

 下記案件について、石狩市水道事業運営委員会条例(平成5年条例第10号)第2条の規定に基づき諮問致します。


  • 上水道広域化施設整備事業の再評価について