ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

水資源保全地域の指定について

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年7月31日更新

 北海道は、水源の周辺における適正な土地利用の確保のため、「北海道水資源の保全に関する条例」を制定し、本市からの提案に基づき、平成24年10月1日から市内7地域が「水資源保全地域」に指定されました。
 地域内の土地の権利の移そうとするときは、契約締結の3カ月前までに北海道(石狩振興局)への届出が必要になりました。
 なお、条例の内容、届出の方法など詳しい情報につきましては、北海道のホームページ内とリンクさせていただきますので、ご覧ください。


  水資源保全地域:石狩地区 五の沢貯水池地区、高富貯水池地区
               厚田区   望来ダム地区
               浜益区   千代志別地区、床丹地区、送毛地区、群別地区

   ※届出の対象となるのは、上記地域の内、水資源保全地域として指定された土地です。
    土地の地番については、下記の「水資源保全地域」を参照ください。