ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 市政情報 > 市政運営・行政改革 > 審議会 > 石狩開発(株)出資について

石狩開発(株)出資について

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年7月31日更新


市民参加手続の状況

テーマ;石狩開発株式会社 出資について

このページに関するお問合せなどは企業誘致室まで

パブリックコメント(意見募集)手続の結果



「石狩開発(株)への出資について」のパブリックコメント手続の結果は、次のとおりです。貴重なご意見ありがとうございました。


担当
石狩市役所経済部企業誘致室
〒061-3292 北海道石狩市花川北6条1丁目30-2
Tel:0133-72-3158 Fax:0133-72-3540
E-Mail:kouwank@city.ishikari.hokkaido.jp

実施期間
平成17年6月1日(水曜日)から平成17年6月30日(木曜日)まで

意見提出の状況
意見提出者3人、意見等の件数1件

意見の検討経過
石狩開発株式会社へ3,150万円を出資する補正予算(案)を8月から開催される第3回定例会に提案します。

 意見の要旨1
 石狩湾新港地域への企業進出により、市は、税収・雇用を確保し、今後もさらなる企業進出により、税収・雇用などの効果が期待できる。 過去の歴史・経過、今後の発展性を考えても同社に対し、積極的に出資すべきである。

 意見の要旨2
 市、石狩開発(株)さらには既存立地企業が協力・連携のもと、新規企業立地の促進、地域経済の活性化等を図ることが市の発展に貢献することから出資することについて賛成する。

 意見の要旨3
 同社は、市のまちづくりの基盤である石狩湾新港地域開発プロジェクトの中核として多大な貢献を果してきており、今後もその重要な役割を継続して担っていくことになることから出資を是非実現すべきと考えます。

 検討結果・理由
 (出資する)
 市は、厳しい財政状況下にあっても、最初に出資した意義を継承する中で、出資を行い、
  (1)石狩湾新港地域開発進展に向けた地元自治体としての決意表明(2)同社の経営安定化のアピール(3)資本増強をもって同社を支援することにより、企業誘致を促進すべきであると考え、将来の経済的基盤である新港地域を抱え、同地域開発プロジェクトの推進に深くかかわりをもっている地元自治体として、前回と同額である3,150万円を出資する補正予算(案)を8月から開催される第3回定例会に提案します。

パブリックコメント(意見募集)手続

   このページに関するお問合せなどは企業誘致室まで


「石狩開発(株)への出資について」のパブリックコメント手続の結果は、次のとおりです。貴重なご意見ありがとうございました。


担当

石狩市役所経済部企業誘致室

〒061-3292 北海道石狩市花川北6条1丁目30-2

Tel:0133-72-3158 Fax:0133-72-3540

E-Mail:kouwank@city.ishikari.hokkaido.jp


実施期間

平成17年6月1日(水曜日)から平成17年6月30日(木曜日)迄まで


意見提出の状況

意見提出者3人、意見等の件数1件


意見の検討経過

石狩開発株式会社へ3,150万円を出資する補正予算(案)を8月から開催される第3回定例会に提案します。


 意見の要旨1

 石狩湾新港地域への企業進出により、市は、税収・雇用を確保し、今後もさらなる企業進出により、税収・雇用などの効果が期待できる。
 過去の歴史・経過、今後の発展性を考えても同社に対し、積極的に出資すべきである。


 意見の要旨2

 市、石狩開発(株)さらには既存立地企業が協力・連携のもと、新規企業立地の促進、地域経済の活性化等を図ることが市の発展に貢献することから出資することについて賛成する。


 意見の要旨3

 同社は、市のまちづくりの基盤である石狩湾新港地域開発プロジェクトの中核として多大な貢献を果してきており、今後もその重要な役割を継続して担っていくことになることから出資を是非実現すべきと考えます。


 検討結果・理由

 (出資する)

 市は、厳しい財政状況下にあっても、最初に出資した意義を継承する中で、出資を行い、
  (1)石狩湾新港地域開発進展に向けた地元自治体としての決意表明(2)同社の経営安定化のアピール(3)資本増強をもって同社を支援することにより、企業誘致を促進すべきであると考え、将来の経済的基盤である新港地域を抱え、同地域開発プロジェクトの推進に深くかかわりをもっている地元自治体として、前回と同額である3,150万円を出資する補正予算(案)を8月から開催される第3回定例会に提案します。