ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > まちづくり・コミュニティ > 協働・市民活動 > 石狩市環境行動計画・環境家計ノートの検討について
ホーム > 分類でさがす > 市政情報 > 市政運営・行政改革 > 審議会 > 石狩市環境行動計画・環境家計ノートの検討について

石狩市環境行動計画・環境家計ノートの検討について

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年7月31日更新


市民参加手続の状況

テーマ;市民の環境行動計画の策定

このページに関するお問合せなどは環境課まで 

 

石狩市環境審議会からの答申

 平成15年6月17日の第1回審議会で結審し、同日、下記のとおり答申された。
石環審第1号 平成15年6月17日
石狩市長 田岡 克介 様
石狩市環境審議会 会長 宇土澤 光賢
『石狩市環境行動計画・環境家計ノート(市民編)』案について(答申)
  平成15年6月17日付け石環境第109号にて諮問のあったこのことについて、当審議会において慎重に審議した結果、その内容は概ね妥当と判断しますが、下記事項については再考されたい。

  1. 電気、水道等の節約された料金を算出するための根拠は、実情に即したものとすべきである。  電気、水道料金は段階的な従量制となっているので、石狩市の1世帯あたり平均使用量を把握し、それに基づいて算出すれば、行動したときに削減されるエネルギー量に対する、各料金の節約量が実情と合ったものになると考える。
  2. 19ページからの環境家計ノートの表中で、アルミ缶から食品トレイまで、リサイクルした時の二酸化炭素排出係数を載せているが、ここに、ごみとして廃棄処分したときの値も併記できないか。
      (検討結果)
検討結果
原案検討結果・理由関係課等協議経過
ページ4から14までの環境行動計画中の数字は、モデル家庭を特に設けずに使用量等の算出を行っていた。電気、水道等の節約された料金を算出するための根拠は、実情に即したものとすべきである。
 電気、水道料金は段階的な従量制となっているので、石狩市の1世帯あたり平均使用量を把握し、それに基づいて算出すれば、行動したときに削減されるエネルギー量に対する、各料金の節約量が実情と合ったものになると考える。
電気、水道、ガスの1世帯当たり平均使用量を調べて、石狩市の平均的なモデル家庭を出し、それに基づいて各料金の節約量等を算出する。
(モデル家庭)
【1世帯当たり家族数】 2.6人
【水道】 約17立法メートル/月
【電気】 260キロワット時/月
【都市ガス】 27立法メートル/月
【プロパンガス】 12.5立法メートル/月
ページ18から25の環境家計ノートについて、アルミ缶から食品トレイまで、リサイクルした時の二酸化炭素排出係数を記載していた。ここに、ごみとして廃棄処分したときの値も併記できないか各二酸化炭素排出係数の下にカッコ書きでごみとして廃棄処分した時の値を記入し、表の下に但し書きを「(  )の数字は、ごみとして捨てられ、原料から新たに製品を作るときに、廃棄・製造過程で排出される値です。」と入れる。
※その他、わかりやすいよう文言等に一部修正を加えた。

8月22日まで、パブリックコメント手続を実施する。(詳細

 

石狩市環境審議会での検討経過

石狩市環境審議会での検討経過情報をご覧下さい

 

環境審議会への諮問事項

 平成15年6月17日開催の第1回審議会で次のとおり諮問した。
石環境第109号
平成15年6月17日
石狩市環境審議会
  会長 宇土澤 光賢 様
石狩市長 田岡 克介
『石狩市環境行動計画・環境家計ノート(市民編)』案について(諮問) 
  石狩市環境基本計画第7章に定める「市民の配慮・行動指針」に基づき、石狩市環境市民会議が取りまとめ、市の環境施策への反映を求められた標記について諮問します。

諮問案件(1件)
 『石狩市環境行動計画・環境家計ノート(市民編)』案について
【参考資料】
(1)要望書:市民の環境行動計画の作成について(石狩市環境市民会議)
平成15年6月9日
石狩市長 田岡 克介 様
石狩市環境市民会議
代表  岡崎 利史
市民の環境行動計画の作成について(要望)
石狩市は、平成13年10月策定した「石狩市環境基本計画」の中で、めざす環境の目標像を、「みんなでつくる水とみどりにつつまれたまち 石狩」とし、その実現のために市民、事業者、市が果たすべき責務と役割を明らかにしています。
 「石狩市環境市民会議」は、「石狩市環境基本条例」第38条に基づき、平成13年9月、石狩市の環境の保全と創造について、市民、事業者が自主的に運営し、活動する組織として設置されたものです。以来、当会議ではこれまで1年余に渡り、環境基本計画が示した「市民の環境配慮指針及び行動指針」の具体的な手引きの作成について協議してきました。 このたび、別紙のとおりその成果が取りまとめられましたのでご報告いたします。
 当会議といたしましては、本報告を、石狩市の環境保全及び創造について、市民自ら行動し、その効果を検証することにより、より環境に配慮した生活に転換していくための行動計画として、市の環境施策に反映されるようご配慮願います。
(2)『石狩市環境行動計画・環境家計ノート(市民編)案』[PDFファイル/1,211KB]

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)