ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

石狩市自治基本条例

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月1日更新

 

石狩市自治基本条例

平成18年7月から、延べ12回の市民会議を開催し、市民のみなさんと一緒に検討を続けてきた石狩市自治基本条例が平成20年4月1日に施行されました。
この条例は石狩市の最高規範として位置づけられ、市民と市、市民同士が協働してよりよいまちづくりを行うために、共通の目標や理念、決まりごとなどを定めています。


石狩市自治基本条例[PDFファイル/43KB]

石狩市自治基本条例解説 [PDFファイル/231KB]

 

自治基本条例とは

自治基本条例は、それぞれのまちの自治に関する基本的な事項を定める条例で、「自治体の憲法」などと言われることもあります。
自治基本条例には決まった形がなく、それぞれのまちで内容を決めていきますが、一般的には、

  1. 自治の基本的なあり方を示す
  2. 市民の基本的な権利や責務を規定する
  3. 自治体の組織・運営・活動に関する基本的事項を定める
  4. 市民参加、市民と自治体との協働に関する指針や仕組みを定める
  5. 自治体の最高規範として、ほかの条例や計画などの立法指針・解釈指針となっている
  6. これらのことが形式として規定されるだけでなく、実態が伴っている

などの要素を持つ条例が「自治基本条例」や「まちづくり基本条例」などと言われています。

 

石狩市自治基本条例パンフレット

自治基本条例パンフレット

石狩市自治基本条例についてわかりやすく解説したパンフレットです。

こちらからファイルをダウンロードできます [PDFファイル/3.28MB]

  • 自治基本条例はどうして必要なの?(1ページ)
  • 自治基本条例って何を決めるの?(2ページ)
  • まちづくりは地域みんなで考えるのね!(3ページ)
  • まちづくりのポイント=『協働』って?(4ページ)
  • 石狩市自治基本条例(5・6ページ)
    パンフレットは市役所3階企画課でも配布しています。

 

みんなでつくる自治基本条例市民会議

 (仮称)石狩市自治基本条例案の骨子を策定する組織として「みんなでつくる自治基本条例市民会議」を設置し、市民が中心となり議論を行いました。また、「運営会議」を設置し、市民会議の事務処理を行いました。

 

市民会議ニュース

 

いしかりまちづくりワールドカフェ【終了しました】

 “市民が主役のまちづくり”を目指すため、まちづくりのルール(自治基本条例)やまちづくりの手法(市民協働の推進、都市内分権など)について学び、石狩市の未来について考えるワールドカフェを平成24年10月14日(日曜日)に開催しました。

 開催結果は、こちらでご覧いただけます。 『いしかりまちづくりワールドカフェ』

 

石狩市自治基本条例を活かしたまちづくりを考える集い 【終了しました】

 石狩市自治基本条例の施行から5年目を迎え、自治基本条例を活かしたまちづくりについて考える集いを平成24年12月19日(水曜日)に開催しました。

 開催結果は、こちらでご覧いただけます。 『石狩市自治基本条例を活かしたまちづくりを考える集い』

 

みんなで考える自治基本条例(基調講演・ワークショップ) 【終了しました】

 石狩市自治基本条例の施行から10年目を迎え、自治基本条例についての講演とワークショップを平成29年12月10日(日曜日)に開催しました。

 開催結果は、こちらでご覧いただけます。 『みんなで考える自治基本条例』

 

石狩市自治基本条例懇話会

 石狩市自治基本条例施行から10年目を迎える平成29年度は、この条例が社会条例の変化等に適合したものかどうかについて、市民を含む「石狩市自治基本条例懇話会」を設置し検証を行いました。

 開催状況と検討内容は、 こちらでご覧いただけます。 『石狩市自治基本条例懇話会』

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)