ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 市政情報 > 市政運営・行政改革 > 審議会 > 石狩市地域情報化計画について

石狩市地域情報化計画について

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年7月31日更新


市民参加手続の状況

テーマ;石狩市地域情報化計画について
   このページに関するお問合せなどは 総務部情報管理課まで

『石狩市地域情報化計画』を策定しました。

 この計画は、IT(情報通信技術)を利活用して安全・快適な生活や、時間と場所を越えた交流、新しい生活様式や就業形態の実現と新たなる文化の醸成、新しい産業の成長などを育むための方針を示しています。この計画の期間は平成16から25年度迄です。
 市役所本庁舎1階情報公開コーナー、市民図書館、市担当窓口、市のホームページでご覧になれます。(本文は石狩市地域情報化計画[PDFファイル/869KB]
  • 市民参加手続の状況
     このテーマについてのパブリックコメント手続(5月1日から31日まで)への意見提出はありませんでした。その後、助役を本部長とする庁内組織「IT戦略推進本部」において、この原案に一部字句表現等の修正を加え、7月5日付けの市長決定を経て策定されました。
     なお、パブリックコメント手続の際お示しした原案と策定された計画には、基本的な考え方において違いはありません。

    パブリックコメント(意見募集)手続の結果について

  • 担当
      石狩市役所総務部参事(地域情報推進担当)
     〒061-3292 石狩市花川北6条1丁目30-2
     Tel:0133-72-3681 Fax:0133-75-2275
     E-Mail:chiiki-j@city.ishikari.hokkaido.jp
  • 実施期間
      平成16年5月1日 土曜日から平成16年5月31日 月曜日まで
  • 意見提出状況
      意見提出者 0人、意見等の件数 0件
  • 意見の検討結果の公表
      このパブリックコメント(意見募集)手続に対する意見提出がなかったことから、計画(案)中の文言表現などを一部修正した上で石狩市IT戦略推進本部において審議を行います。その後、市長決定により策定されますので、策定後の石狩地域情報化計画は、平成16年7月以降に公表する予定です。

    パブリックコメント(意見募集)手続

  • 対象案件
     石狩市地域情報化計画について
  • 意見の提出先
     石狩市役所総務部参事(地域情報推進担当)
     〒061-3292 石狩市花川北6条1丁目30-2
     Tel:0133-72-3681 Fax:0133-75-2275
     E-Mail:chiiki-j@city.ishikari.hokkaido.jp
  • 意見の提出方法
     文書、ファックス、電子メール、録音テープのいずれか
     (住所、氏名、連絡先を明記)
  • 意見募集期間
     平成16年5月1日 土曜日から平成16年5月31日 月曜日まで
  • 意見提出者の範囲
     どなたでも提出できます。
  • 意見の検討結果の公表
     この計画は、パブリックコメント手続終了後、「石狩市IT戦略推進本部」での審議を経て、決定されることから、意見の検討結果は、平成16年7月頃に公表する予定です。
  • 市の原案及び関連事項
     市の原案は、石狩市ホームページ、あい・ボード、市庁舎1階情報公開コーナー、市民図書館(本館・各分館)、各出張所でご確認ください。
    原案の概要(原案の内容は石狩市地域情報化計画(案)[PDFファイル/557KB]
     昨今、「IT革命」という言葉に代表されるように、社会の急激な変化が巻き起こっています。このため行政分野においても情報通信技術を活用した行政サービス向上に期待が高まっています。
     これらの社会的背景、国が示している「e-Japan戦略」、北海道の「北海道IT施策推進連絡会議(DO IT 5会議)」などとの整合性を図りつつ、行政活動の高度化・効率化による市民生活の利便性向上、IT利活用による産業経済活動の地域活性化、そしてそれらが生み出す魅力的なまちづくりをめざし、この「地域情報化計画」を策定することとなりました。
     本計画は、安全・快適な生活の実現、時間と場所を越えた交流の実現、新しい生活様式や就業形態の実現、新たなる文化の醸成、新しい産業の成長などを育むための方針を示しています。今後は各種施策を展開するにあたり、本計画をガイドラインとしてITを利活用し、市民にとって利便性の高い手法を構築し、より良い行政サービスを目指すものとします。
  • Adobe Reader

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)