ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > まちづくり・コミュニティ > 協働・市民活動 > 石狩市特定健康診査等実施計画の策定について
ホーム > 分類でさがす > 市政情報 > 市政運営・行政改革 > 審議会 > 石狩市特定健康診査等実施計画の策定について

石狩市特定健康診査等実施計画の策定について

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年7月31日更新


市民参加手続のテーマ

市民参加手続のテーマ
石狩市特定健康診査等実施計画の策定について
問合せ
国民健康保険課Tel:0133-72-3123
E-Mail:kokuho@city.ishikari.hokkaido.jp

国民健康保険運営協議会の開催状況

答申内容

平成20年2月7日開催の第4回審議会で結審し、同日、下記のとおり答申されました。

平成20年2月7日
石狩市長 田岡 克介 様

石狩市国民健康保険運営協議会
会長 古田 信光
石狩市国民健康保険特定健康診査等実施計画の策定について(答申)

 平成20年1月29日に諮問を受けた事項について、当運営協議会は、危機的な財政状況にある本市の国民健康保険事業や、現在進められている医療制度改革の状況などを踏まえ審議を行った。 石狩市国民健康保険特定健康診査等実施計画の策定について、次のとおり答申する。


 この計画は、生活習慣病有病者等を減少させ、中長期的な医療費の伸びの適正化と国民の健康の確保を図ることを目的とした「特定健康診査・特定保健指導」を円滑かつ効果的に実施するために必要な計画であると認め、諮問の計画案を了といたします。

諮問事項

平成20年1月29日開催の第3回国民健康保険運営協議会で下記のとおり諮問する。

石国保第1091号平成20年1月29日
石狩市国民健康保険運営協議会
 会長 古田 信光 様

石狩市長 田岡 克介
石狩市国民健康保険特定健康診査等実施計画の策定について(諮問)

 本市の国民健康保険事業は、これまでも市民の健康の保持と増進を図るため、収納率の向上や保健事業の充実に努めてきたところであります。
 国においては、超高齢化社会を迎え、国民皆保険を堅持するとともに、将来にわたり医療保険制度を持続可能なものとしていくため、医療制度等の改革が進められており、その一環として、平成20年4月から、医療保険者に対して特定健康診査・特定保健指導の実施が義務化され、「受診率」「保健指導実施率」や「メタボリックシンドローム該当者・予備群の減少率」などの指標を基に、中長期的に医療費の延びを適正化することが目標とされました。
 本市におきましては、医療保険者として、これまでの「疾病の早期発見・早期治療」という概念から、「疾病の予防」という新たな概念により特定健康診査・特定保健指導事業を円滑かつ計画的に進めることができるよう、この度、実施計画を策定するものであり、ついては、本計画の策定につきまして、石狩市国民健康保険運営協議会規則第3条の規程にもとづき、貴運営協議会の意見を求めるものであります。


諮問案件
  • 石狩市国民健康保険特定健康診査等実施計画の策定について