ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > まちづくり・コミュニティ > 協働・市民活動 > 石狩市民図書館花川北分館の廃止について
ホーム > 分類でさがす > 市政情報 > 市政運営・行政改革 > 審議会 > 石狩市民図書館花川北分館の廃止について

石狩市民図書館花川北分館の廃止について

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年7月31日更新


市民参加手続のテーマ

市民参加手続のテーマ
石狩市民図書館花川北分館の廃止について
問合せ
石狩市民図書館Tel:0133-72-2000
E-Mail:ishikari-lib@mail.ishikari-lib-unet.ocn.ne.jp

石狩市民図書館協議会の開催状況

答申内容

平成19年12月20日開催の第2回図書館協議会で結審し、平成20年1月25日に下記のとおり答申されました。

石図協第5号
平成20年1月25日
石狩市民図書館 館長 飯尾 徹 様

石狩市民図書館協議会
会長 塚本 重見
石狩市民図書館花川北分館の廃止について(答申)

 平成19年12月20日石教図第176号で諮問された案件について、次のとおり答申します。


 当協議会に諮問されました花川北分館の廃止については、市民や地域住民に親しまれ、利用されているだけに、大変残念な諮問であると受けとめています。
 また、平成19年3月に当協議会より意見具申を行った際も、花川北地区の図書館機能の必要性と地域住民のコミュニティーの充実を考えるならば、花川北分館は、生き生きとした都市づくりには必要不可欠な施設であると判断し、強く存続を求める意見が多数を占め、具申したことはご承知のとおりです。
 この度の協議会においては、花川北分館の継続を望む声とともに、廃止はやむを得ないとする意見に分かれました。
 しかし、市の厳しい財政状況に鑑み、当協議会として諮問を真摯に受けとめ、審議した結果、花川北分館廃止後、市の表明通り、市民との協働による図書館機能の存続が図られるよう約束していただき、市の積極的な支援と取り組みをすべきと考えます。

諮問事項

平成19年12月20日開催の第2回石狩市民図書館協議会で下記のとおり諮問する。

石教図第176号平成19年12月20日
石狩市民図書館協議会
会長 塚本 重見 様

石狩市民図書館 館長 飯尾 徹
石狩市民図書館花川北分館の廃止について(諮問)

 下記の案件について、図書館法第14条第2項の規定に基づき、貴協議会の意見を求めます。


  • 石狩市民図書館花川北分館の廃止について
廃止理由
 市財政再建計画の中で、事務事業の見直しや公共施設統廃合の検討を行ってきた結果、本館と近距離にあり、本館において代替性が確保されていることから、北分館を廃止しようとするものである。
所在地
石狩市花川北3条2丁目198番地1 花川北コミュニティセンター内
開設年月
昭和62年10月2日
図書館面積
119.7平方メートル
職員構成
非常勤職員2名(内司書2名)
蔵書点数
12,535点(平成19年10月31日現在)
蔵書資料点数内訳
一般 7,486点
児童書 4,033点
雑誌 348点
視聴覚 0点
地域行政 668点
合計 12,535点