ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

説明会(平成13年5月12日、6月3日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年7月31日更新


場外車券売場建設計画の概要説明

場外車券売場建設計画説明会の様子1


  • 年間開催日数は260から280日。
  • 防犯対策や警備体制は警察OBの居る警備会社や所轄警察署と連携を図る。
  • ごみ対策は散乱に対し万全の清掃体制をとる。
  • 100人程度のパート雇用が発生する。
  • 開催時間以外や開催日以外には市民が町内会活動やサークル活動に施設を利用できる。
  • 住民の皆様と話し合いを行ない、理解と合意を得ることが基本と考える。

主な質問と回答

場外車券売場建設計画説明会の様子2

《質問》

何故、石狩市(新港地区)を選んだのか?

【回答】
  • 設置予定箇所は交通のアクセスが良く近隣市町村からファンを集めやすい。
  • 設置予定箇所は児童や一般市民に迷惑のかからない。
  • 札幌にある既存車券売場からある程度離れているので重複が避けられる。
  • 石狩市の発展が期待できる。以上の理由で選びました。

《質問》

お盆時期等の交通渋滞が心配だが。

【回答】
施設規模に見合う駐車場を設置し、お客さんは時間差で来るので既存の国道で捌けることから渋滞は発生しないと考えます。また、その時期には主要な交差点に交通整理員を配置します。

《質問》

建設予定地へ住宅街を抜ける近道があり、通行車両が多く通学等に危険だが。

【回答】
この近道は、場外車券売場には必要の無い道路と考えており、この道路の扱いについて皆様方の意向に沿うよう、誠心誠意土地所有者へ申し入れます。

《質問》

今後のスケジュールは?

【回答】
住民の皆様の理解と合意を得られた後、所管する省庁へ申請し、最短の場合9月には着工したいと考えています。

《要望》

説明会に出席できなかった人にも解りやすい資料を提供し、理解を得る努力をしていただきたい。