ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 市政情報 > 市政運営・行政改革 > 審議会 > 樽川平和地区の都市計画決定

樽川平和地区の都市計画決定

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年7月31日更新

市民参加手続の状況

テーマ;樽川平和地区の都市計画決定


このページに関するお問合せなどは
都市計画課まで

石狩市都市計画審議会からの答申とその検討結果



平成14年9月5日の第3回審議会で結審し、同日、下記のとおり答申された。


石都審第12号
平成14年9月5日

石狩市長 田岡 克介様

石狩市都市計画審議会
会長 堂柿 栄輔

答申書
 平成14年9月5日付け石都計第121-2号で諮問のあった下記案件について、慎重審議の結果、妥当であると判断する。

(1)札幌圏都市計画 準防火地域の変更(石狩市決定)
(2)札幌圏都市計画 公園の変更(石狩市決定)
(3)札幌圏都市計画 地区計画(樽川平和地区)の決定(石狩市決定)

この答申の検討結果は、審議会の答申結果(PDF形式:53KB)をご覧ください。

石狩市都市計画審議会での検討経過


審議会のページをご覧ください。

石狩市都市計画審議会への諮問事項


 平成14年9月5日の平成14年度第3回審議会で、樽川平和地区都市計画のうち石狩市決定分について、次のとおり諮問する。

石都計第121-2号
平成14年9月5日

石狩市都市計画審議会
会長 堂柿 栄輔様

石狩市長 田岡 克介

 札幌圏都市計画の変更及び決定について(諮問)
下記案件について、都市計画法第19条第1項の規定に基づき諮問します。



諮問案件
(1)札幌圏都市計画 準防火地域の変更(石狩市決定)
(2)札幌圏都市計画 公園の変更(石狩市決定)
(3)札幌圏都市計画 地区計画(樽川平和地区)の決定(石狩市決定)


(参考)
変更理由 本地区の市街化区域編入に併せて、関連する3案件の都市計画決定を行う。

諮問案件(1)
編入区域のうち、近隣商業地域を予定している約1ヘクタールについて、準防火地域を指定する。
諮問案件(2)
街区公園の充実を図るため、公園の決定をする。
諮問案件(3)
地区における建物用途の混在や敷地の細分化による住環境の悪化を防止し、周辺地区と調和のとれた良好な市街地の形成を目指すための地区計画を定める。


石狩市都市計画審議会からの答申とその検討結果


平成14年4月9日の第1回審議会で結審し、同日、下記のとおり答申された。

石都審第3号
平成14年4月9日

石狩市長 田岡 克介様

石狩市都市計画審議会
会長 堂柿 栄輔

答申書
平成14年4月9日付け石都計第277-2号で諮問のあった下記案件について、慎重審議の結果、概ね妥当であると判断する。

(1)札幌圏都市計画 区域区分の変更(北海道決定)
(2)札幌圏都市計画 用途地域の変更(北海道決定)
(3)札幌圏都市計画 下水道の変更(北海道決定)

この答申の検討結果は、審議会の答申結果(PDF形式:53KB)をご覧ください。

石狩市都市計画審議会での検討経過


審議会のページをご覧ください。

石狩市都市計画審議会への諮問事項


 平成14年4月9日の平成14年度第1回審議会で、樽川平和地区都市計画のうち北海道決定分について、次のとおり諮問した。


石都計第277-2号
平成14年4月9日

石狩市都市計画審議会
会長 堂柿 栄輔様

石狩市長 田岡 克介

札幌圏都市計画の変更について(諮問)
 下記案件について、都市計画法第77条の2第1項の規定に基づき諮問します。

諮問案件
(1)札幌圏都市計画 区域区分の変更(北海道決定)
(2)札幌圏都市計画 用途地域の変更(北海道決定)
(3)札幌圏都市計画 下水道の変更(北海道決定)

(参考)

変更理由
札幌圏都市計画市街化区域及び市街化調整区域の変更の第4回見直し(平成9年度)において、計画的な市街地整備を行う予定区域として市街化区域への編入を保留していた樽川平和地区について、都市施設整備事業の実施が確実になったため、市街化区域へ編入し、併せて必要な都市計画の決定をする。
諮問案件(1)
樽川平和地区(9.9ヘクタール)を市街化調整区域から市街化区域に編入することにより、石狩市の市街化区域面積を2,784ヘクタールから2,794ヘクタールに、市街化調整区域面積を6,664ヘクタールから6,654ヘクタールに、それぞれ変更しようとするもの。
諮問案件(3)
樽川平和地区を公共下水道の排水区域に編入することにより、札幌石狩公共下水道の排水区域面積約1,182ヘクタール(うち処理区域約1,182ヘクタール)を約1,192ヘクタール(うち処理区域約1,192ヘクタール)に変更しようとするもの。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)