ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > まちづくり・コミュニティ > 協働・市民活動 > 平成24年度協働事業提案制度の採択事業

平成24年度協働事業提案制度の採択事業

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年7月31日更新


平成24年度協働事業提案制度の採択事業

1. いしかりまちづくりディスカッション2013(石狩青年会議所)

目的
まちづくりへの市民参加
内容
無作為抽出された市民により、まちづくりをテーマに話し合う(プラーヌンクスツェレという市民討議法)。ここで出た意見は、次期総合計画の策定に活かしていく。
実施理由
このプラーヌンクスツェレという話し合い手法は、これまで市民参加の機会や経験のなかった市民から意見を聴く有効な手段として注目されており、市民参加の新たな手法として期待されている。
まちづくりの最も基本となる計画である総合計画の策定の過程で、この手法を活用することで、今後のまちづくりに関わる新たな人材の掘り起こしも期待できることから協働事業として実施する。

2. 子どもの体力向上事業(NPO法人 こども・コムステーション・いしかり)

目的
子どもの身体能力向上
内容
身体のバランス、反応、状況判断など総合的に身体能力の向上を図ることができるコーディネーション運動等を取り入れた運動教室を市内5会場で行う。
実施理由
子どもの体力・運動能力低下が問題となっている中、幼少期から身体能力の向上に向けた取り組みを行うことは重要であり、子育て支援活動に実績のある当法人の経験や知識を活用することで、効果的な公共サービスを提供出来ることから、協働事業として実施する。

3. 健康づくり講座(北斗町内会)

目的
がん及び高血圧などの予防に対する意識の向上
内容
紅葉山会館等を利用し、がん検診・特定健診などの必要性を含めた生活習慣病予防について、食事や運動など健康づくりの講座を開催する。
実施理由
がんや高血圧の予防に関する理解を深めるとともに、がん検診の受診率を高めるために必要事業であり、日頃から活発な活動を行っている当町内会と協働することで、参加者の確保など、効果的な事業運営を図ることが可能となることから、協働事業として事業を実施する。

4. 北六条元気印熟年育成講座(北六条町内会)

目的
がん及び高血圧などの予防に対する意識の向上
内容
石狩中央会館等を利用し、がん検診等や高血圧対策を含めた生活習慣病予防について、食事や運動(ラジオ体操等)など健康づくりの講座を開催する。
実施理由
がんや高血圧の予防に関する理解を深めるとともに、がん検診の受診率を高めるために必要事業であり、日頃から活発な活動を行っている当町内会と協働することで、参加者の確保など、効果的な事業運営を図ることが可能となることから、協働事業として事業を実施する。