ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > まちづくり・コミュニティ > 協働・市民活動 > 暴力団員に対する市営住宅及び単身者住宅の使用を制限するための警察への個人情報提供について
ホーム > 分類でさがす > 市政情報 > 市政運営・行政改革 > 審議会 > 暴力団員に対する市営住宅及び単身者住宅の使用を制限するための警察への個人情報提供について

暴力団員に対する市営住宅及び単身者住宅の使用を制限するための警察への個人情報提供について

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年7月31日更新


市民参加手続のテーマ

市民参加手続のテーマ
暴力団員に対する市営住宅及び単身者住宅の使用を制限するための警察への個人情報提供について
問合せ
情報推進課Tel:0133-72-3681
E-Mail:jyouhou@city.ishikari.hokkaido.jp

答申内容

 平成21年3月4日開催の第3回情報公開・個人情報保護審査会で結審し、同日、下記のとおり答申されました。

平成21年3月4日
 石狩市長 田岡 克介 様

石狩市情報公開・個人情報保護審査会
会長 向田 直範

 平成20年10月14日付石建築第148号をもって諮問のありました、暴力団員に対する市営住宅及び単身者住宅の使用を制限するための警察への個人情報提供について、審査した結果、審査会として下記のように内容の一部を修正し、これを認めることとしたので答申します。


  • 現に入居している者についてのみ、暴力団員に該当するか否かについて警察署長への意見を聴取すること。
  • 個人情報内容の(2)情報内容から、本籍地(都道府県)を除くこと。

諮問事項

 平成20年10月14日開催の第2回情報公開・個人情報保護審査会で下記のとおり諮問する。

石建築第148号平成20年10月14日
石狩市情報公開・個人情報保護審査会
 会長 向田 直範 様

石狩市長 田岡 克介
暴力団員に対する市営住宅及び単身者住宅の使用を
制限するための警察への個人情報提供について(諮問)

 平成19年4月に東京都町田市内の都営住宅で発生した暴力団員による立てこもり発砲事件を契機として、全国的に公営住宅から暴力団員を排除しようとする動きが広まっています。
 本市においても、市営住宅及び単身者住宅(以下「市営住宅等」という。)の入居者や周辺住民の安心、安全な生活を確保するため、条例に入居者資格、駐車場使用の資格に「暴力団員でないこと」という要件を付加し、暴力団員に対する市営住宅等の使用制限を行います。
 この暴力団員の入居制限を実施するに当たり、暴力団員に該当するか否かについて警察署長の意見を聴取するために、入居者及び同居者の個人情報を警察へ提供することが必要なことから、石狩市個人情報保護条例第10条第5号の規定に基づき貴審査会に諮問いたします。


個人情報内容
(1)対象者
石狩市営住宅・石狩市単身者住宅の入居者及び同居者
(2)情報内容
氏名(漢字・カナ)、住所、生年月日、本籍地(都道府県)