ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 市政情報 > 市政運営・行政改革 > 審議会 > 老人医療費助成事業の見直し

老人医療費助成事業の見直し

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年7月31日更新


市民参加手続の状況

テーマ;老人医療費助成事業の見直し


   このページに関するお問合せなどは 市民課まで

石狩市社会福祉審議会からの答申とその検討経過

【答申】
 平成16年4月30日の第1回審議会で結審し、5月10日付けで次のとおり答申された。
平成16年5月10日
 
石狩市長 田岡 克介  様
 
                              石狩市社会福祉審議会
                                会長 後 藤 昌 彦
 
   各種医療費給付事業の見直しについて(答申)
 
  石狩市社会福祉審議会条例第2条の規定に基づき、平成16年4月30
日付け石福総第129号で石狩市長から諮問を受けた次の事項について、
当審議会は、北海道をはじめ石狩市における厳しい財政状況を踏まえ、
各種医療費給付事業の現状と課題について検討し、石狩市において将来
にわたって、持続的かつ安定的に実施可能な医療給付事業について審議
した。
 
  諮問案件1.(1)から(4)及び2.(略)
 
  以上の諮問された事項について、下記のとおり一部附帯意見を添えて
答申する。
 
                     記
1.
(1)(略)
 
(2)老人医療給付特別対策事業及び老人医療費給付事業(市単独分)の
  対象年齢の引き上げ(段階的廃止)について
 
  高齢社会の到来にともなって、老人医療費はますます増大していくもの
と予測されている。老人保健法も平成14年10月に改正され、老人医療の
対象年齢が70歳以上から75歳以上に引き上げられている。石狩市にと
.ても高齢者の医療費対策は急務の課題となっている。
  この度、北海道の老人医療給付特別対策事業が見直されることにな
り、石狩市においても老人医療給付特別対策事業の対象年齢を65歳か
ら段階的に引き上げ、平成20年3月で廃止すること、合わせて、市独自の
老人医療給付事業についても対象年齢を68歳から段階的に引き上げ、
平成20年3月に廃止することはおおむね妥当なものと判断する。
 
(3)(略)
 
(4)(略)
 
2.(略)
 
【検討結果】
 
平成16年5月10日に上記の答申を受け、当初の原案どおりとすることで6月4日付けで市長決定を受け、平成16年6月10日開催予定の第2回定例市議会に議案として提出する予定です。

石狩市社会福祉審議会での検討経過

石狩市社会福祉審議会での検討経過情報をご覧下さい

石狩市社会福祉審議会への諮問事項

平成16年4月30日開催の第1回審議会で次のとおり諮問する。


石福総第 129 号
平成16年4月30日
 
石狩市社会福祉審議会
  会長  後藤 昌彦  様
 
石狩市長 田岡 克介
 
  次の事項について、石狩市社会福祉審議会条例第2条の規定に基づき、貴審議会の意見を求めます。 
  

 
諮問案件(5件)
1 各種医療給付事業の見直しについて
(1)乳幼児、重度心身障害者及び母子家庭等医療費給付事業の1割自己負担の導入について

(2)老人医療給付特別対策事業及び老人医療費給付事業(市単独分)の対象年齢の引き上げ(段階的廃止)について

(3)乳幼児医療給付事業の受給者対象年齢の引き上げについて
(4)母子家庭等医療費給付事業の父子家庭への拡大について
2 今後の高齢者福祉施策のあり方について
平成15年10月17日付けで諮問した「今後の高齢者福祉施策のあり方」に、「高齢者バスカード等交付事業」を加えます。

 


【参考資料】

  • 諮問の趣旨(PDF形式:17KB
  • 北海道医療給付事業見直し比較表(PDF形式:8KB
  • 各種医療給付事業の見直しに関する付属資料(PDF形式:24KB
  • Adobe Reader

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)