ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織・課名でさがす > 企画課 > 地方創生応援税制(企業版ふるさと納税)について

地方創生応援税制(企業版ふるさと納税)について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年5月25日更新

地方創生応援税制(企業版ふるさと納税)とは

  平成28年度税制改正において創設され、企業が地方公共団体による地方創生のプロジェクトに寄附した場合、現行の損金算入措置に加え、法人住民税などの税控除の優遇措置により、寄附額の約6割を軽減する新しい制度です。

   ⇒税負担の軽減効果が2倍になります。  

軽減効果2倍図  

  例えば、企業が地方公共団体に1,000万円寄附をした場合、現行の制度では、寄附額の約3割(約300万円)の税の軽減効果がありました。地方創生応援税制では、新たに寄附額の3割(300万円)が税額控除され、これまでの2倍の約600万円の税の軽減効果があります。

   地方創生応援税制活用の手引き【内閣府地方創生推進事務局へのリンク 】 

地方創生応援税制(企業版ふるさと納税)の概要

  石狩市まち・ひと・しごと創生総合戦略に位置付けられた事業に対して、企業が寄附をおこなった場合、現行の損金算入に加え、法人住民税などの税控除の優遇処置が受けられます。

    留意事項

    ・石狩市に本社(※)が所在する企業は対象外となります。 (※地方税法における主たる事務所及び事業所) 

    ・1回当たり10万円以上の寄附が対象となります。

    ・寄附企業へ経済的な利益の供与は禁止されています。(補助金の交付、低金利の貸付、入札の便宜など)

    ・本制度の対象期間は、平成31年度までです。

地方創生応援税制(企業版ふるさと納税)の仕組み

   <地方創生応援税制のフロー図>

     企業の皆様が寄附を行う場合の手続きの流れは、以下のとおりです。

フローチャート図

 

石狩市まち・ひと・しごと創生総合戦略の取組 

  この計画は、本市における人口減少の緩和と地域経済発展性の向上、将来にわたって持続性の高い地域社会の構築など、人口減少対策と地方創生を一体的に推進するため、今後5か年(平成27年度から平成31年度まで)の基本目標や具体的な施策等を示したものです。                                                              

  企業の皆様におかれましては、本市総合戦略の趣旨にご賛同いただき、積極的に寄附を行っていただきますようお願い申し上げます。

    石狩市まち・ひと・しごと創生総合戦略 [PDFファイル/2.43MB]

  石狩市まち・ひと・しごと創生総合戦略(戦略目標と具体的な施策項目)

(戦略目標)(関連する具体的な施策項目)
(1) 「新現役世代」が活躍する
    知識や技能、経験を有する「新現役世代」が地域を元気にする中核として、生涯健康で活躍するまちを目指す。
(1) 高齢世代の仲間づくり・交流機会の提供
(2) 「新現役世代」によるコミュニティ活動の推進
(3) 地域課題を解決する地域ネットワークの構築
(4) 多世代交流による地域の活性化
(5) 健康寿命の延伸に向けたサポートの充実
(2) 「子育て力」をさらに発揮する
   まち全体で子育て家庭や子どもの育ちを支え、子どもが安全・安心に学び、健やかに育つことができるまちを目指す。
(1) 若い世代の出会いを通じた地域活力の醸成
(2) 地域が連携した子育て支援・地域教育の推進
(3) 就業者の視点に立った保育環境の整備
(4) 妊娠・出産の希望をかなえる支援の充実
(3) 「地域資源」からモノやしごとを創る
    いしかりの資源や魅力、石狩湾新港地域のポテンシャルから、新たな産業やブランドを創出し、地域経済が活性化するまちを目指す。
(1) 地域資源を活用した新産業の創出
(2) 「石狩ブランド」の推進
(3) 新しい雇用の創出、若者の職場定着支援
(4) 地域資源を活かした地域経済循環の推進
(5) 物流を核とした臨海部産業集積エリアの形成
(6) エネルギー関連産業を核とした新たな産業集積エリアの形成
(7) 新産業研究拠点の形成
(4) 「いろんな顔」をつくる
    まちの魅力や地域の特色を磨き上げ、まちの自慢や誇りとなる「顔」があるまちを目指す。
(1) 観光資源を生かした交流人口の誘導
(2) 中山間・過疎地域における多機能・統合型交流拠点の形成
(3) 農山漁村交流を軸とする地域の魅力発信
(4) 新たな畜産品種による地域の顔づくり
(5) 地域の魅力や可能性を活かした賑わいづくり
(5) 誇りとなる「人や文化」を育てる
   いしかりに暮らす人々の誇りや愛着を醸成し、世界に羽ばたくような人材の育成や、新しい石狩文化が育つまちを目指す。
(1) 学びの機会と輪を広げる取組みの推進
(2) ゴールデンエイジの重点支援によるアスリートの育成
(3) 幅広い人材登用による地域活力の創出
(4) 自然とのふれあいを通じたふるさと意識の醸成
(5) 鮭の歴史文化の醸成による観光産業の活性化
(6) 移住・定住の推進
(6) 時代にあった地域として持続する
   長期的視点で安全・安心・快適な生活環境を持続するため、公共施設の適正配置、維持管理を推進するとともに、近隣市町村との連携強化を図る。
(1) ICTを有効活用する新たな行政サービスの構築
(2) 民間ストックの活用促進による地域活性化
(3) 時代・地域に即した交通体制の推進
(4) 行政事務の広域連携の推進
(5) 近隣自治体との連携強化の推進
(6) 遊休公共財産の有効活用の検討
(7) 将来にわたって暮らしやすいまちづくりの推進

 寄附をお申し込みいただける企業の皆様におかれましては、以下の書類を提出願います。なお、ご不明な点がありましたら下記のお問い合わせ先までご連絡ください。

・地方創生応援税制(企業版ふるさと納税)寄附届

          ・WORD形式 [Wordファイル/20KB]   ・PDF形式 [PDFファイル/6KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)