ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織・課名でさがす > 企画課 > 石狩市への北海道日本ハムファイターズの2018年応援大使について

石狩市への北海道日本ハムファイターズの2018年応援大使について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年1月15日更新

北海道日本ハムファイターズ「北海道179市町村応援大使」とは

 北海道日本ハムファイターズでは、選手が北海道内の市町村で地域の方々と交流を図りながら、まちづくり・まちおこしに寄与していく「北海道179市町村応援大使」を2013年に発足しています。

 10年をかけて、北海道179市町村全ての応援大使を務める予定になっており、2018年の応援大使については、本市を含む18市町村が選定されました。

 

本市の2018年応援大使について

 2017年11月26日に札幌ドームで開催されたファイターズ「ファンフェスティバル2017」において、応援大使を務める選手の抽選会が行なわれ、本市の2018年応援大使が決定しました。

 

●上沢 直之(選手 背番号15 )

 (1994年2月6日生 千葉県出身)

石狩市の2018年応援大使 上沢直之選手 

© H.N.F

 

 

●村田 透  (選手 背番号31)

(1985年5月20日生 大阪府出身)

石狩市の2018年応援大使 村田透選手

 © H.N.F

 

 

 

石狩市抽選会後2ショット

(応援大使抽選会後の記念撮影)

 

ユニフォーム寄贈

((株)北海道日本ハムファイターズ様からのユニフォーム進呈)

 

ユニフォームの展示など

 応援大使のサイン入りユニフォームや等身大パネルは、市役所本庁の1階ロビーに展示してありますので、ぜひご覧下さい。

ロビー展示