ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > まちづくり・コミュニティ > 協働・市民活動 > とことん考えよう!市町村合併 最終回

とことん考えよう!市町村合併 最終回

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年7月31日更新


厚田村・浜益村との合併に関する住民投票結果報告

 石狩市が厚田村および浜益村と合併することの賛否を問う住民投票は、投票率が60%未満でしたので不成立となり、開票されませんでした。

投票資格者数 44,879人
投票者数 19,450人
投票率 43.34%

 
~住民投票の結果を受けての市長コメント~

石狩市長 田岡 克介

 昨年12月3日の住民投票決定以来1カ月余の間、私としては、ぜひ開票により、市民自らがこの問題の結論を出すことを期待し、数十回の集会や街頭に立ち、合併問題は将来のまちづくりと生活防衛問題であり、投票に参加していただきたいと直接訴えてまいりました。それだけに結果につきましては、非常に残念と言わざるを得ません。
 本市は、平成14年に3市村合併問題研究会を立ち上げ、翌15年から石狩市・厚田村・浜益村合併協議会を設置し、1年半、延べ14回にわたる協議会を経て「合併まちづくりプラン」を作成しました。一方では「合併しない場合のプラン」も作成し、100回を超える住民説明会、公聴会、そして全戸アンケート調査を行うなどして、市民コンセンサスの形成を図るため、考え得るあらゆる努力を重ねてまいりました。こうした一連のプロセスの最終段階が、住民からの直接請求を受けて行った、今回の住民投票でありました。
 今回の結果は、投票数により可否を決定することはできませんでしたが、合併の判断は市長と議会に委ねられたということになります。また、開票しないことについては、さまざまなお考えもあろうとは思います。しかし、この住民投票は議会で定めた条例に基づいて行われたもので、開票に至らなかった結果そのものは厳粛に受け止めていかなければならないと考えます。
 今後は、これまで申し上げてきた私の考えに立って、合併を進める方向で厚田村・浜益村とさらに調整を行い、議会提案など最終の手続きを進めてまいります。

合併に関するスケジュール

1月27日  3市村長の合併協定書調印
2月 8日  3市村議会への合併提案
↓3市村いずれも可決したとき
10月1日  合併成立

 
※このコーナーは今回で終了いたします。長い間お読みいただきありがとうございました。