ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

どーなってるの?市町村合併(第7回)

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年7月31日更新

市町村合併に対しての特例措置(財政措置以外)(その2)

合併の形態について


市町村合併は通常、新設合併と編入合併の2つに分けることができます。 
新設合併とは、2つ以上の市町村を廃して、その区域をもって新たに1つの市町村を置く場合をいい、対等合併、合体合併ともいわれます。
また、編入合併とは、1つ以上の市町村を廃して、その区域を既存の他の市町村に加える場合をいい、吸収合併ともいわれます。
合併の形態の図

議会議員の特例について

合併関係市町村の協議により、合併市町村(以下、新市町村という)では、合併後一定の期間にわたり、議員が在任したり、議員定数を増加させることができます。
合併特例法では、合併の形態により次のような特例措置が設けられています。
(以下、総務省のホームページから抜粋)

新設合併の場合


    新設合併の場合の説明図

編入合併の場合


編入合併の場合の説明図
編入合併の場合の説明図 

出前講座を始めます

    市町村合併について、もっと知りたいという要望がありましたら、企画調整課(0133-72-3161)までご連絡下さい。直接、担当職員が説明に伺います。

浜益村「行政セミナー」のお知らせ

浜益村で「市町村合併」についての講演会が下記の日程で開催されます。
講師は横山純一教授(北海学園大学法学部)で、分権時代の自治体のあり方、市町村合併についての講演があります。

とき

6月28日 金曜日 18時から20時

ところ

ふれあいセンターきらり 多目的ホール

講師

横山純一北海学園大学法学部教授

入場料

無料

主催

浜益村

お問合先

総務企画課企画係 Tel:0133-79-2111