ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > まちづくり・コミュニティ > 協働・市民活動 > とことん考えよう!市町村合併(第3回)

とことん考えよう!市町村合併(第3回)

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年7月31日更新


平成16年1月24日と2月7日の2日間、花川北コミセンで、北海学園大学法学部の佐藤克廣教授を講師に招き、市民大学公開講座「今、なぜ合併論議か」が開催されました。前回に続き、この講演と質疑の一部をご紹介します。

市町村合併の視点

来年3月までに合併することを決めると、借金返済額の7割を地方交付税で国が面倒をみてくれる優遇措置がありますが、地方交付税が圧縮されていく中で本当にそうなるかどうかの判断は難しいところです。地域の事情によっても変わりますが、市町村の共通事務を共同で処理する広域連合でも行政の効率化はできますが、役所が一つになる合併の方が、より効果的といえます。
行政の効率化は、行政サービスを低下させないまま行うことも可能ですが、究極の効率化とは今あるサービスをやめることですから、合併する・しないにかかわらず、住民の皆さんがどこまでなら受け入れられるかという点もポイントになります。

住民投票のパラドックス

全国的には、あちこちで住民投票が行われていますが、設問の方法によって、最終の判断が変わる可能性があります。
あるまちでは、「(1)隣りのまちと合併する (2)郡全体で合併する (3)合併しない」という3つの選択肢を設け、過半数の意見を尊重するという条件で住民投票を行いました。
結果は、(1)と(2)が多かったけれども、3つとも過半数にならず、議会内部で(1)と(2)の意見が対立した結果、得票が最も少なかった「合併しない」という結論が選ばれました。合併を選んだ人が多数だったのに、少数の意見に決まってしまったのです。
これは極端な例かもしれませんが、設問の作り方によっては、投票結果をどう判断するか難しい場合もあるということを念頭に置く必要があります。

受講者との質疑応答

Q1.「厚田・浜益との合併」、「札幌との合併」、「現状のまま」のメリット・デメリットをそれぞれお聞かせください。
A1.非常に難しい質問です。その人の立場が異なると、同じ事がメリットにもデメリットにもなります。また、前提をどうするかによっても変わるものです。「現状のまま」と言っても、行政サービスを現状のまま維持できる可能性はないでしょう。合併のメリット・デメリットは、我々専門家が長い時間議論しても、最後は「分からない」というところに落ち着いてしまいます。

Q2.財政シミュレーション(広報3月号折り込みパンフレット参照)では、合併した方が財政的に有利となっているようですが本当ですか?
A2.現在公表されているものは、一次推計といって、一定の仮定のもとに同じ条件で計算したものですが、合併に伴う財政支援と人件費の削減効果などがあり、合併した方が有利な結果になるのは当然です。本当にそうなるかは、これから作る新市建設計画などの事業費も織り込んだ二次推計を見なければ何とも言えないでしょう。

Q3.住民が合併の是非を判断する場合のポイントは何ですか?
A3.いろいろな要素が考えられますが、石狩市として本当に得か損かが、一つの判断基準になると思います。
石狩市・厚田村・浜益村合併協議会は、ほかの協議会と違って、判断材料を示すことを目的に作られた協議会ですから、今後協議会が作る「合併するとした場合の姿」と市が作る「合併しない場合の姿」を見比べ、どちらが得かを皆さんで考えるということになると思います。



合併に関する「出前講座」受付中!
何人か集まればOKです。ご希望に合わせて説明に伺います。
申し込みは企画調整課(Tel:0133-72-3161)まで。