ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > まちづくり・コミュニティ > 協働・市民活動 > 花川北保健センター内健康増進事業に係る使用料の改定について
ホーム > 分類でさがす > 市政情報 > 市政運営・行政改革 > 審議会 > 花川北保健センター内健康増進事業に係る使用料の改定について

花川北保健センター内健康増進事業に係る使用料の改定について

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年7月31日更新


市民参加手続のテーマ

市民参加手続のテーマ
花川北保健センター内健康増進事業に係る使用料の改定について
問合せ
福祉総務課Tel:0133-72-3127
E-Mail:fsoumu@city.ishikari.hokkaido.jp

石狩市社会福祉審議会の開催状況

答申内容

 平成19年8月2日開催の第2回審議会で結審し、平成19年8月22日に下記のとおり答申されました。

平成19年8月22日
石狩市長 田岡 克介 様

石狩市社会福祉審議会
会長 後藤 昌彦
花川北保健センター内健康増進事業に係る使用料の改定(答申)
  
 石狩市社会福祉審議会条例第2条の規定に基づき、平成19年8月2日付け石福総第608号で諮問のありました「花川北保健センター内健康増進事業に係る使用料の改定」に係る案件について、当審議会において慎重に審議を行った結果、次の結論に達したので答申します。


 本事業は専門の指導員を配置し必要な指導を受ける体制を整備しており、市民が主体的に運動習慣を身に付け、生活習慣病予防に繋がり医療費抑制の点でも効果が期待される。本事業に係る使用料の改定は、市民の健康増進を目的とした運動指導事業の安定的な継続を図るために改めるものであり、また、市内・市外の運動施設の利用料と比べ、大きく乖離していないことから妥当なものと判断します。
 今後は、生活習慣病予防の必要性が増していることから、事業の周知や壮年期世代の活用等含め、市民の健康づくりの一層の推進を図るべきと考えます。

諮問事項

平成19年8月2日開催の第2回社会福祉審議会で下記のとおり諮問する。

石福総第608号
平成19年8月2日

石狩市社会福祉審議会
 会長 後藤 昌彦 様

石狩市長 田岡 克介

 次の事項について、石狩市社会福祉審議会条例第2条の規定に基づき、貴審議会の意見を求めます。

  • 花川北保健センター内健康増進事業に係る使用料の改定について

  1. 改定の趣旨
     本事業は、平成10年“りんくる”のオープン以来、日々における市民の自主的な健康づくりを目的に、運動を実践する場所として、3階健康増進室に健康増進事業(「フリープラン」)として開設し、これまで数多くの市民が利用しています。
     本事業は、単に個人に対する運動の場の提供ではなく、専門指導員による健康チェックや体力測定を行った上で、運動プログラムを作成し運動実践につなげることとしています。
     開設以来、使用料は1回200円で運営してきましたが、厳しい市財政状況を背景に、負担の適正化を図り、市民の健康増進を目指す運動指導を取り入れた事業として継承していくために、使用料の見直しを図ろうとするものであります。
  2. 改定料金
    《使用料1回につき》
    現行改定後
    対象料金対象料金
    18歳以上200円18歳以上300円
  3. 実施時期
     平成20年4月1日