ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > まちづくり・コミュニティ > 協働・市民活動 > 個別排水処理施設使用料の改定等について
ホーム > 分類でさがす > 市政情報 > 市政運営・行政改革 > 審議会 > 個別排水処理施設使用料の改定等について

個別排水処理施設使用料の改定等について

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年7月31日更新


市民参加手続のテーマ

市民参加手続のテーマ
個別排水処理施設使用料の改定等について
問合せ
合併浄化槽担当Tel:0133-72-3698
E-Mail:g-jyoukasou@city.ishikari.hokkaido.jp
個別排水処理施設整備事業運営委員会の開催状況

答申内容

平成19年8月21日開催の第4回の運営委員会で結審し、同日、下記のとおり答申されました。
平成19年8月21日
石狩市長 田岡 克介 様
石狩市個別排水処理施設整備事業運営委員会
会長 小坂 直人
個別排水処理施設使用料の改定等について(答申)
 平成19年6月5日付け石浄化参第19号をもって諮問のありましたこのことについて、慎重審議の結果、別紙「提言書」のとおり答申します。

諮問事項

平成19年6月5日開催の第1回個別排水処理施設整備事業運営委員会で下記のとおり諮問する。
石浄化参第19号
平成19年6月5日
石狩市個別排水処理施設整備事業運営委員会
会長 小坂 直人 様
石狩市長 田岡 克介
個別排水処理施設使用料の改定等について(諮問)
 「個別排水処理施設整備事業特別会計」の経営は、事業の拡大に伴い維持管理や起債償還等に係る経費が年々増嵩する中で、多額の収支不足を一般会計からの繰入金などによって補てんしているといった負担の公平性を欠いた状況となっています。
 このため、本市としては特別会計の早期の経営健全化を図るべく、使用料の改定など受益者負担の適正化への取組みが急務であると考えています。
 つきましては、下記の案件について「石狩市個別排水処理施設整備事業運営委員会条例」第2条の規定により、貴委員会の意見を求めます。

 諮問案件
  1. 個別排水処理施設使用料の改定
  2. 公費負担の原則や中長期的な展望に基づく経営健全化の方策

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)