ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > まちづくり・コミュニティ > 協働・市民活動 > 市街化区域と市街化調整区域の区域区分に関する都市計画変更
ホーム > 分類でさがす > 市政情報 > 市政運営・行政改革 > 審議会 > 市街化区域と市街化調整区域の区域区分に関する都市計画変更

市街化区域と市街化調整区域の区域区分に関する都市計画変更

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年7月31日更新


市民参加手続の状況

テーマ;市街化区域と市街化調整区域の区域区分に関する都市計画変更


このページに関するお問合せなどは都市計画課まで  

石狩市都市計画審議会からの答申とその検討結果

平成15年9月17日開催の第3回石狩市都市計画審議会で結審し、同日、次のとおり答申されました。
石都審第 8 号
平成15年9月17日
石狩市長 田岡 克介 様
石狩市都市計画審議会
会長 堂柿 栄輔
札幌圏都市計画の決定及び変更について(答申) 
 平成15年9月17日付け石都計第105-2号で諮問のあった下記案件について、 慎重審議の結果、概ね妥当であると判断する。

(1)札幌圏都市計画都市計画区域の整備、開発及び保全の方針の決定
(北海道決定)
(2)札幌圏都市計画区域区分の変更(第5回見直し) (北海道決定)
(3)札幌圏都市計画道路の変更(北海道決定)
【検討結果】
諮問案件(2)について
 審議会から概ね妥当であるとの答申を受けたことから、諮問案のとおり、平成15年9月18日付けで石狩市案を市長決定し、同日付けで北海道へ提出しました。
 なお、最終的には、平成16年3月末に北海道決定される予定です。

 

石狩市都市計画審議会での検討経過

石狩市都市計画審議会 検討経過

石狩市都市計画審議会への諮問事項

 
平成15年9月17日開催の第3回石狩市都市計画審議会で、市街化区域と市街化調整区域の区域区分に関する都市計画変更について、次のとおり諮問しました。
石都計第105-2号
平成15年9月17日
石狩市都市計画審議会
  会長 堂柿 栄輔    様
石狩市長 田岡 克介
札幌圏都市計画の決定及び変更について(諮問) 
 下記案件について、都市計画法第77条の2第1項の規定に基づき諮問します。

諮問案件
(1)札幌圏都市計画都市計画区域の整備、開発及び保全の方針の決定
(北海道決定)
(2)札幌圏都市計画区域区分の変更(第5回見直し) (北海道決定)
(3)札幌圏都市計画道路の変更(北海道決定)
【参考】
諮問案件(2)について
変更理由
都市計画基礎調査の実施により、都市の現況等の検討を行った結果、平成22年を目標年として区域区分の見直しを行います。
変更内容 
平成22年に予想される人口、産業については、現市街化区域に収容可能であることから、市街化区域及び市街化調整区域の面積の変更は行いません。ただし、港湾施設整備を実施している新港東地区2.3ヘクタールについて、市街化区域への編入予定地区として位置付けています。

参考資料
区域区分について[PDFファイル/98KB]詳細[PDFファイル/75KB]新港東地区位置図[PDFファイル/1.8MB]新港東地区区域図[PDFファイル/72KB]

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)