ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 市政情報 > 市政運営・行政改革 > 条例・規則 > 市民の声を活かす条例の検討経過

市民の声を活かす条例の検討経過

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年7月31日更新

条例検討の経過

 石狩市では、平成11年11月から職員のプロジェクトチームにより(仮称)市民参加条例についての検討を進め、平成12年4月に条例試案を発表しました。その後、市広報・ホームページ・まちづくり出前講座などを通して、試案の内容を周知するとともに意見などを募集しました。

 平成12年7月からは、公募委員も入った市民参加制度検討委員会により、条例試案をたたき台として市民参加の理念・条例の内容についての検討がなされました。そして平成13年3月27日に検討委員会から市長に対し提言書が提出されました。

 平成13年7月、この提言を踏まえて「石狩市行政活動への市民参加の推進に関する条例(素案)」を作成し、意見募集(パブリックコメント手続)を行いました。ここで寄せられたご意見も踏まえて作成した条例案は、9月の市議会で原案どおり可決され、平成14年4月1日から全面施行されることとなりました。

条例試案の概要

条例試案

検討委員会議事録

検討委員会提言[HTML形式/87KB]

検討委員会提言[PDFファイル/62KB]

石狩市行政活動への市民参加の推進に関する条例(素案)

石狩市行政活動への市民参加の推進に関する条例(素案)の考え方

石狩市行政活動への市民参加の推進に関する条例(素案)についてのパブリックコメント手続の結果

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)