ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 福祉 > 障がい者 > 重度心身障害者医療費の助成
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 医療 > 医療費助成 > 重度心身障害者医療費の助成

重度心身障害者医療費の助成

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年8月1日更新

一部負担金(※)を除いた保険内医療費を助成します。
対象となる方は、次のいずれかに該当する方です。該当となる方は、印鑑・健康保険証・手帳・振込先口座番号のわかるものをお持ちいただき、手続きをしてください。
65歳以上の方は、後期高齢者医療制度への加入が条件となります。

  • 身体障害者手帳の1級か2級の交付を受けた方
  • 身体障害者手帳の3級(ただし、心臓 ・ 腎臓 ・ 呼吸器 ・ ぼうこう ・ 直腸 ・ 小腸 ・ ヒト免疫不全ウイルスによる免疫または肝臓機能障がいに限る)の交付を受けた方
  • 知的障がいの方で、A判定の療育手帳をお持ちの方、または重度と判定・診断された方
  • 精神障がいの方で、1級の精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方


※一部負担金とは

  • 就学前の児童または市町村民税非課税世帯の方:初診時一部負担金(医科580円、歯科510円、柔道整復270円)

   ・ 上記以外の方:保険内医療費の1割を自己負担(限度額等は以下のとおり)

     外来+訪問看護基本利用料の月額上限額14,000円(年間上限144,000円まで)

     入院+外来等の月額上限額57,600円(多数該当の場合 44,400円)

  • 精神障がいで認定の方:外来のみを対象とし、入院は助成対象になりません。

※所得制限があります。詳しくはお問い合わせ下さい。