ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > ライフステージ > 老後・介護 > 認知症の方と家族を支えるボランティア(見守り・話し相手・趣味活動・家族の集い)
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 福祉 > 高齢者 > 認知症の方と家族を支えるボランティア(見守り・話し相手・趣味活動・家族の集い)

認知症の方と家族を支えるボランティア(見守り・話し相手・趣味活動・家族の集い)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月24日更新

石狩市認知症ボランティア「みなみな」

認知症サポーター養成講座・ステップアップ講座を受講した市民有志が、石狩市に住む住民同士として認知症の方とそのご家族を支えることを目的に立ち上げた団体です。
認知症の方を対象に、主にご自宅で見守りや傾聴、趣味活動等を行います。

 石狩市認知症ボランティア「みなみな」のちらし [PDFファイル/179KB]

<利用料金>1回2時間まで500円(最初の1回はお試し利用として無料)

問合せ先

石狩市認知症ボランティア「みなみな」事務局
石狩市花川南2条3丁目91番地2(いしかり地域交流プラザあいまち内)
担当:木元 090-9751-5170(受付時間:月曜日~金曜日の10時~15時)

 

認知症フレンドシップクラブ札幌・石狩事務局

認知症になっても安心して暮らせる町づくりをめざして様々な活動している団体です。   (認知症フレンドシップクラブのホームページ:別ウィンドウで表示)

石狩市にある事務局では、以下の取り組みを行っています。

認知症フレンドシップサポーター(サポ友)

認知症の人の趣味活動を一緒に楽しみながら支援するボランティアで、研修を受けた“サポ友”が認知症の方の趣味活動等を支援します。一緒に外出も可能です。
例えば・・・パークゴルフ、映画、コンサート、野球観戦、レストラン、温泉、買い物、旅行、お墓参り、一緒に食事作り、囲碁・将棋など。

<利用料金>1回1,000円

認知症FC★家族の集い

認知症介護者同士で不安や苦労を語り合ったり、介護の息抜きの場として、年5回程度家族交流会を開催しています。交流会は、専門職スタッフがサポートします。
認知症のご本人をおいて外出できない方は、別室にてボランティアが対応します。

 認知症FC★いしかり家族の集い(平成29年度版) [PDFファイル/494KB] 

問合せ先

認知症フレンドシップクラブ札幌・石狩事務局
石狩市花川南2条3丁目91番地2(いしかり地域交流プラザあいまち内)
担当:木元 090-9751-5170(受付時間:月曜日~金曜日の10時~15時)

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)