ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

介護保険料

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年5月19日更新


65歳以上の方(第1号被保険者)の介護保険料

 介護保険制度は、3年ごとに策定される「介護保険事業計画」に基づき運営されています。介護保険料は、サービスの利用実績や利用者からの声、基盤整備の状況などをもとに算定をしています。
 この計画に基づいて算定された、平成27年度から平成29年度までの65歳以上のみなさん(第1号被保険者)の介護保険料は下表のとおりです。毎年6月中旬に介護保険料額決定通知書・納入通知書を送付しますので、ご確認ください。
 一人ひとりの保険料が「石狩市の介護」を支えています。

平成27~29年度の介護保険料(石狩市の基準月額は5,050円)

段 階対象者年間の保険料負担割合
第1段階生活保護受給者、老齢福祉年金受給者で、世帯全員が市民税非課税の方、または、世帯全員が市民税非課税で、本人の前年の課税年金収入額+合計所得金額が80万円以下の方27,270円基準額×0.45
第2段階世帯全員が市民税非課税で、本人の前年の課税年金収入額+合計所得金額が80万円を超え120万円以下の方37,870円基準額×0.625
第3段階世帯全員が市民税非課税で、本人の前年の課税年金収入額+合計所得金額が120万円を超える方45,450円基準額×0.75
第4段階本人が市民税非課税で前年の課税年金収入額+合計所得金額が80万円以下で、世帯の中に市民税課税者がいる方54,540円基準額×0.9
第5段階本人が市民税非課税で前年の課税年金収入額+合計所得金額が80万円を超え、世帯の中に市民税課税者がいる方60,600円基準額
第6段階本人が市民税課税で、前年の合計所得金額が120万円未満の方72,720円基準額×1.2
第7段階本人が市民税課税で、前年の合計所得金額が120万円以上190万円未満の方78,780円基準額×1.3
第8段階本人が市民税課税で、前年の合計所得金額が190万円以上290万円未満の方90,900円基準額×1.5
第9段階本人が市民税課税で、前年の合計所得金額が290万円以上350万円未満の方98,470円基準額×1.625
第10段階本人が市民税課税で、前年の合計所得金額が350万円以上の方106,050円基準額×1.75

◆合計所得金額とは収入金額から必要経費に相当する金額(収入の種類により計算方法が異なります。)を控除した金額のことで、扶養控除や医療費控除などの所得控除をする前の金額です。

◆課税年金収入額とは公的年金等(老齢・退職年金など)の収入金額です。非課税年金収入(遺族・障害年金等)は含みません。                                                                         

◆合計所得金額がマイナスの場合は0円として計算します。

 

介護保険料の納め方

 現在受けている年金が年額18万円以上の方は、原則的に保険料が年金から天引きされます(特別徴収)。年度途中に65歳になられた、または、市外から転入された方は、天引きができないことがありますが、その場合は市役所から送られる納付書で個別に納めることになります(普通徴収)。

介護保険料の納入が滞った場合は?

保険料を滞納している方がサービスを利用する場合は、原則として以下の措置を取ることがあります。

(1)1年以上滞納すると

本来1割負担で利用できるサービスが、いったん利用者が費用の全額を負担し申請により、後から9割分が支給されます。

(2)1年6カ月以上滞納すると

(1)のように利用者が費用の全額を負担し、申請後、支給される9割分から滞納している保険料の額を差し引く事があります。

(3)2年以上滞納すると

利用者負担が1割から3割に引き上げられるばかりでなく高額介護サービス費の支給が受けられなくなります。

◆災害・失業・倒産などで、保険料を納めることが難しい場合は、保険料の減免が受けられる場合ありますので、窓口でご相談ください。

介護保険料減免措置

平成15年度から市独自の保険料減免措置を実施しています。(平成21年度より一部要件が緩和されました)

  • 世帯の年間収入見込額が(遺族年金・障害年金等非課税収入を含む)140万円未満 (世帯の人数が1人の基準であって、1人増える毎にこの額に60万円増加する。)
  • 世帯の預貯金が200万円未満(世帯の人数が1人の基準であって、1人増える毎にこの額に50万円増加する。)
  • 自己の居住用以外の活用できる資産を所有していない
  • 市民税課税者に扶養されていない
  • 過去の介護保険料に未納がない

以上すべての要件を満たしている方は申請によって、

第1段階保険料額と同額に減額されます

申請方法・提出書類等詳しくはお問い合わせください。

40歳から64歳の方の介護保険料

 現在加入している医療保険ごとに算出されます。現在給料から引かれている医療保険料に介護保険分が含まれ、一括して納めることになります。